『初めてRPG』の攻略日記/Fuga/2015-02-07

スポンサーリンク

2015-01
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
2015-02
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728

第3期攻略日記、65日目。作品世界は32日目。

私は今、神殿地下の隠し通路に居ます。


隠し通路 Edit

アシュカルトを倒しつつ、突破。


前回の周の冒険では、ニシキには「かばう」をし続けてもらっていましたが、今回の冒険ではニシキの「魔剣ウィルソン[1] 」にも、攻撃面で活躍してもらうことにします。

[1]

ところで、「魔剣ウィルソン」というお名前ですが、アメリカのスポーツ用品製造メーカーに【ウィルソン】という会社が存在しているので、きっとそこが元ネタなのでしょう。ウィルソンはテニスラケットも製造しています。

なお、少し調べてみたところ、日本人テニスプレイヤーの錦織圭選手が2015年に使用しているラケットも、ウィルソンブランドの『BURN』というラケットだそうです。 『BURN』(燃える)は名前からいって、きっと火属性のラケットでしょう。相手プレイヤーが土系統か草系統なら大ダメージ。

海底通路 Edit

リアグロテスクな水棲生物は嫌いと言い、戦闘をサボタージュしたいと申告。でも、なんだかんだ言いながらちゃんと戦ってくれるので、気にせず先に進みます。

グロテスクな半魚人や馬魚を倒しつつ、最後の塔へ。

最後の塔(1階) Edit

ラストダンジョンに関する、ニシキリアによるRPG上級者の会話[2] を聞いた後、塔2階への階段を目指します。

[2]

RPGでは、ラストダンジョンに入った状態で迂闊にセーブデータを上書きしてしまうと、ラストダンジョンから脱出出来なくなって泣きを見ることになるケースも存在します。 そういう場合は事前に、“ここから先に進むと引き返せなくなるぞ”というような忠告がなされることも多いですね。 RPGを遊ぶ上では覚えておくと役立つ知識の一つ。

本作では、ちゃんと最後の塔から脱出できるようになってはいるものの、せっかくセーブスロットが80個もあるので、不測の事態に備えて、セーブは上書きではなくこまめにスロットを変えて行ったほうが無難です。

最後の塔(1階)/ガイドマップ Edit

タッチガイド

ワープのための魔法陣。

対応する魔法陣の位置へと瞬間移動できるが、その代償として、悪魔との戦闘を強いられることとなる。

青い色をしたレベル3宝箱

何が手に入るのかは「宝箱」の記事を参照。

神殿地下の隠し通路への階段

周囲には、教訓を記した張り紙もある。

最後の塔(2階)への階段

魔法陣

マップ内北西にある青い魔法陣まで徒歩で歩き、青い魔法陣の守護者を倒し、2階への階段近くの青い魔法陣までワープして、2階へ。

最後の塔(2階) Edit

最後の塔(2階)/ガイドマップ Edit

タッチガイド

青い色をしたLv3宝箱が2つ。

何が手に入るのかは「宝箱」の記事を参照。

青い色をしたLv3宝箱

何が手に入るのかは「宝箱」の記事を参照。

最後の塔(最上階)への階段。

最後の塔(1階)への階段。

近くの壁には、教訓を記した張り紙もある。

あなた」の応援に駆けつけた3人の助っ人。

左から――

  • マーカー以外の部分をタッチすると、壁の中に隠された道を表示します。

上記のタッチガイドは、マーカー以外の部分をタッチすることで、隠し通路を確認可能。タッチガイドを参照しつつ、隠し通路を通り、最上階への階段を目指します。

途中の大部屋には――

――という三人の助っ人も。


助っ人の大部屋の北側を回りこんで、北東の小部屋にたどり着けば、そこには最上階への階段が。

というところで、今日の冒険を終わります。


明日は、ラストバトルに勝利し、エンディングを迎えます。

2015-01
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
2015-02
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728

Amazon.co.jpアソシエイト