『初めてRPG』の攻略日記/Fuga/2014-10-15

スポンサーリンク

宿屋&酒場「イボ・カールリッチ Edit

攻略日記、50日目。

私は今、宿屋&酒場「イボ・カールリッチ」のフロント前に立って居ます。


昨日は、リアとの第3回お泊り会を開催し、ペックに関する話題でおしゃべりしました。


今日は、海岸洞窟と、海岸洞窟前の沼地に現れるモンスターを辞典に登録しに行きます。

沼地 Edit

転送石海岸洞窟前までワープしたら、東方向に沼地が見えます。

私のターゲットは、No.68「リザードマン」です。

リザードマン Edit

沼地に入ってすぐに、「リザードマン」と出会うことが出来ました。

リザードマンは、長い舌をだらりと垂らし、右手には鋭いナイフ、左手には2本の長いトゲの付けられた盾を装備した、爬虫人間モンスター

武器を扱っていることから、知能は高そうです。

また、背骨は随分と丸まっており、かなりの猫背。

辞典No.
68
生息地
沼地
HP
700
系統
経験値
130
Rp
130
ランダムドロップ

リザードマンは、右手のナイフで冒険家に斬りかかります。

しかし、こちらの防御力が高ければ、脅威にはならないでしょう。


HPの高いリザードマンではありますが、水系統に属するモンスターゆえ、風の魔法「ウィンドカッター」で300ほどのダメージを狙えます。

リアに魔法「ファイアボール」で援護してもらえば、2ターンで倒せるでしょう。

今日はとても幸先がよいです。

続いて、海岸洞窟に挑みます。

海岸洞窟 Edit

海岸洞窟モンスターで、私が未だに辞典に登録できていないのは、No.79「???????」のみ。

No.77とNo.78が、かつてのボスの位置に居座っていたことから、 No.79も、きっと、雪女おゆきの私室に居るものと思われます。

海岸洞窟(地下1階) Edit

海岸洞窟(地下1階)は、以前雪女おゆきの力によって凍結されていた頃は、雪原のモンスターたちの棲家となっていました。

しかし、雪女おゆきを退治して、氷が解けた今では、キラニアシャークマンなど、海岸洞窟(1階)と同じ顔ぶれが巣食っています。


海岸洞窟(地下1階)を奥まで進み、かつての雪女おゆきの私室に行くと、そこにはやはり、謎のモンスターが暮らしています。

青い体色から想像するに、きっと「ブルードラゴン」というモンスターです。

ブルードラゴン Edit

戦いを挑めば、やはり名前は「ブルードラゴン」。

しかし、ブルードラゴンは、これまでのドラゴンとは大きく異なっています。

これまでのドラゴンは皆、西洋の竜の姿をしていましたが、この「ブルードラゴン」に限っては、日本のヤマタノオロチのような蛇龍の姿をしています。

なお、ブルードラゴンには、6つの頭部が存在しています。頭が複数あるという意味でも、ヤマタノオロチ似です。

辞典No.
79
生息地
海岸洞窟
HP
3000
系統
特殊行動
経験値
2000
Rp
2000
ランダムドロップ

1ターン目 Edit

まずは、定石通り、魔法「アシッドクラウド」で毒を与えます。

ニシキには「かばう」。リアには「ファイアボール」での援護をお願いします。


アシッドクラウドは無事に効果を発揮しました。これで、毎ターン300ダメージです。

ブルードラゴンは、私たちを庇ってくれているニシキに、魔法「ウォーターガン」を放ち、120ほどのダメージを与えてきます。

2ターン目 と 3ターン目 Edit

私は水系統のモンスターの弱点である「ウィンドカッター」で攻撃。

ニシキリアは引き続き「かばう」と「ファイアボール」。


結果は、水魔法「ウォーターガン」が火山口の「レッドドラゴン」にイマイチ効かなかったのと同じく、風魔法「ウィンドカッター」はブルードラゴンに対して150程度のダメージしか与えられませんでした。

どうやら、ドラゴンたちは弱点属性の魔法攻撃を克服しているようです。それならば、エクスカリバーで攻撃したほうが効率がよいでしょう。

なお、ウィンドカッターの攻撃が振るわなくとも、アシッドクラウドで与えた毒は、ブルードラゴンから着実にHPを奪っていきます。


しかし、3ターン目にて、なんとブルードラゴンは魔法「アクアヒール」を唱え、 HPを600以上も回復してしまいました。

今までにない長期戦となりそうです。

4ターン目 Edit

ブルードラゴンの毒が癒えてしまったので、再び「アシッドクラウド」。

5ターン目 Edit

私は、右手の武器を「エクスカリバー」に持ち替え、斬りかかります。

ニシキのHPがウォーターガンでだいぶ削られているので、リアHPの薬(中)ニシキを回復。

6ターン目 Edit

私はエクスカリバーで、リアは「ファイアボール」で攻撃。

7ターン目 Edit

ブルードラゴンの残りHPは867。だいぶ減って来ました。アクアヒールも、あれ以降使われていません。

ブルードラゴンの毒が消えたので、私は、クリスタルワンドを構え、「アシッドクラウド」。

8ターン目 Edit

ブルードラゴンの残りHPは357。このターンで勝ちます。


私はエクスカリバーのクリティカルで、267ダメージ。リアは「ファイアボール」で150弱のダメージ。

勝利!

ブルードラゴンに「アクアヒール」を使われた瞬間、長期戦を覚悟しましたが、幸い、戦闘中に1度しか使用されませんでした。


戦利品の「ほろ苦い丸薬」は、味方一人の魔法防御力を3上昇させる、茶色の丸薬。

誰に使うか迷いますが、やはり、「かばう」でモンスターの攻撃を引き受けてくれるニシキに飲んでもらいます。

味の方は期待できなさそうですけれど、ニシキくんには我慢して飲んでもらって、魔法防御3上昇。

というところで、今日の冒険を終わります。

明日は、ヒナビタ村に帰って、リアとのお泊り会パート4です。

おまけ : アシッドクラウド研究 Edit

ところで、HPの高いボスモンスター相手に超・有用な「アシッドクラウド」。

その効率的な使用方法について調べてみました。

攻撃力減少 Edit

状態異常「毒」は対象の攻撃力を減少させます。

毒が掛かっていない状態のブルードラゴンの「ウォーターガン」は、ニシキ160程度のダメージ。

一方、毒状態のブルードラゴンの「ウォーターガン」は、ニシキ120程度のダメージしか与えません。

ターンの最後にダメージ Edit

状態異常「毒」は、ターンの最後に、対象の 最大HP ÷ 10 のダメージを与えます。

ブルードラゴンの場合は、最大HPが3000なので、ターン最後に受けるダメージは300ダメージにもなります。

効果が切れるタイミング Edit

状態異常「毒」は、アシッドクラウドで「毒」を付与した、次の次のターンの、対象の行動後に癒えます。

3ターンの間攻撃力を下げ、2ターンの間ダメージを与える Edit

プレイヤーのアシッドクラウドが、モンスターよりも先行して掛けられた場合は――

1ターン目 Edit

1ターン目にアシッドクラウド

モンスターは、行動時の攻撃力が減少している。

モンスターは、ターン終了時に 最大HP ÷ 10 のダメージ。

2ターン目 Edit

モンスターは、行動時の攻撃力が減少している。

モンスターは、ターン終了時に 最大HP ÷ 10 のダメージ。

3ターン目 Edit

モンスターは、行動時の攻撃力が減少している。行動後に毒が癒える。

モンスターは、既に毒が癒えているため、ターン終了時にダメージを受けない。

――ということになります。


つまり、アシッドクラウドは――

――ということです。

言い換えれば――

――ということでもあります。

ブルードラゴンの場合 Edit

ブルードラゴンと戦う場合に、最も多くのダメージを与えたいなら――

  1. 1ターン目、「アシッドクラウド」を掛ける。

計2ターンで 300 × 2600 のダメージ。

  1. 2ターン目、エクスカリバーで斬りかかる。

150程度のダメージ[1] 。クリティカルなら250程度。

  1. 3ターン目、毒が癒える前に、「アシッドクラウド」で毒を付与し直す。

計2ターンで 300 × 2600 のダメージ。

  1. 4ターン目、エクスカリバーで斬りかかる。

150程度のダメージ。クリティカルなら250程度。

  1. 5ターン目、毒が癒える前に、「アシッドクラウド」で毒を付与し直す。

計2ターンで 300 × 2600 のダメージ。

  1. 6ターン目、エクスカリバーで斬りかかる。

150程度のダメージ。クリティカルなら250程度。

  1. 以下繰り返し……。

という風にアシッドクラウドエクスカリバーでの攻撃を交互に行うのが、最も効率的ということです。

[1]
これは攻撃力166のケースです。攻撃力がこれより低ければ、当然ダメージも減ります。

Amazon.co.jpアソシエイト