『泥のガラドリエル』の攻略日記/Fuga/2015-06-02

スポンサーリンク

2015-05
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
2015-06
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930

攻略日記、20日目。

「術士」、「僧侶」、「賢者」の泥人形とともに浸水しつつある霊廟の脱出を目指すガラドリエル。現在は、地下10階の入口に居ます。

現在のガラドリエルの最大HPは285、危険度は15、水位カウントは地下12階水没まで90


昨日は、2体の「ルインナイト」と戦い、地下10階の西側を探索しました。

今日は、地下10階東側を探索します。

バリケードと大バリケード Edit

地下10階の、地下11階からの階段地点から東に足を進めると、バリケードと大バリケードが出迎えます。

バリケードで危険度 15、大バリケードで危険度 30。計 45なので、危険度が5未満でないと、エンカウントしてしまう計算になります。 ちなみに、地下11階の「ねじれた鍵」の宝箱前と同じバリケード構成です。

なお、地下10階の西側、「ルインナイト」の居る側の通路は青い扉で封鎖されているため、もしも「ねじれた鍵」を入手していなければ、いやがおうにも東側へ進むことになります。

エンカウント Edit

大バリケードを破壊し危険度が50を越えたため、エンカウント。

地下10階の敵は、女性の姿の水の妖精「ルサールカ」です。過去作『グリムボルトDeep』の頃は、表記が「ルサー・ルカ」でした。

戦闘画面 Edit
MHP Edit
120
MMP Edit
15

DB更新: 2015-07-20 22:56:34

(表示されているデータは記事の日付よりも新しいです)

HPは120です。ルインナイトの丁度半分ですね。

ターン1 Edit

ガラドリエル
防御
泥の術士Lv.5
防御
泥の賢者Lv.1
「スリープシープ」
泥の賢者Lv.3
防御

まずは、「ハイウェイスター」を装備した泥の賢者Lv.1の「スリープシープ」で眠らせます。


「睡眠」の付着に成功!

ターン2 Edit

ガラドリエル
「ウィンドカッター」
泥の術士Lv.5
「ディアブロ」
泥の賢者Lv.1
攻撃
泥の賢者Lv.3
攻撃

続いて、総攻撃です。


結果――

  • 泥の賢者たちの通常攻撃は2ポイントのダメージを与えました。
  • 泥の術士Lv.5の「ディアブロ」は24ポイントのダメージを与えました。
  • ガラドリエルの「ウィンドカッター」は、なんと跳ね返され、ガラドリエルが20ポイントのダメージを受けました。

――となりました。

賢者たちの攻撃は焼け石に水ですね。

泥の術士の「ディアブロ」も、あまり効きません。ルサールカはだいぶ抵抗値が高いと見えます。

ガラドリエルの「ウィンドカッター」に至っては、跳ね返されてしまいました。戦技を跳ね返してくる敵なんて、これが初めてです。

ターン3 Edit

ガラドリエル
「ウィンドカッター」
泥の術士Lv.5
「ディアブロ」
泥の賢者Lv.1
攻撃
泥の賢者Lv.3
「スリープシープ」

泥の賢者の攻撃があまり効かないことが分かったので、スリープシープと攻撃を同ターンに行なってしまうこととします。 なお、泥の賢者Lv.1のMPが切れたので、スリープシープ役を交代します。

ウィンドカッターが毎回跳ね返されるのかどうかを確認するべく、ガラドリエルはもう1度「ウィンドカッター」です。


結果――

  • スリープシープは成功しました。
  • 泥の術士Lv.5の「ディアブロ」が跳ね返され、泥の術士が27のダメージを受けました。
  • ガラドリエルの「ウィンドカッター」は9ポイントのダメージを与えました。

――となりました。

むむむ。有効打に欠けます……。

ウィンドカッターは、敵の抵抗値の影響を受けにくいのですが、それでも、9ポイントのダメージしか与えられないとなると、よっぽどのことです。

また、泥の術士のMPがこのターンで切れました。

その後 Edit

「スリープシープ」のMPが切れたあとは、泥の賢者の「ディスコード」や、わずか2ポイントしかダメージが通らない泥人形たちの攻撃に加え、「スポイト」や「アウェイクスペル」と並行しながらのガラドリエルの「ウィンドカッター」で、辛くも勝利を収めました。

なお、ディスコードで「狂乱」状態になったルサールカは、ガラドリエルに90ポイント近いダメージを与えてきました。ルサールカ、繊細そうな外見の割に、腕力も侮れません。

戦闘終了後、ガラドリエルの最大HPが12増加です。 1ターンで倒せる「疫病運び」たちのMHP効率のよさと比べると、なんとも割に合わない感があります。

それでは、「図鑑」でルサールカの詳細データを確認します。

出現場所 Edit
MHP Edit
120
MMP Edit
15
打撃 Edit
35
守備 Edit
15
魔力 Edit
35
抵抗 Edit
30
俊敏 Edit
10
MHP上昇度 Edit
8
戦技 Edit
カスケード (冷凍属性)
特徴 Edit
  • 炎熱に弱い
  • 冷凍に強い
  • 魔法反射25%
剥ぎ取り Edit
なし

DB更新: 2015-07-20 22:56:34

(表示されているデータは記事の日付よりも新しいです)

「寒姫」の弱体化ヴァージョンに「魔法反射25%」が付いた、という感じですね。俊敏値が低めなのも寒姫に似ています。

そして、問題はやはり魔法反射です。私のチョイスした泥人形たちは、魔法使いタイプで打撃値に乏しいので、困ってしまいます。 また、反射の確率も25%と高く、無視できません。

抵抗値は寒姫と同じく30なので、寒姫同様「アウェイクスペル」で強化した「ディアブロ」でなら、なんとか対処出来なくもない……筈。ただし、強化したディアブロを跳ね返されたら泥の術士くんがパリンっと割れてしまうのは確実でしょう。


こうなるとやはり、ルサールカに対処するには、装備品や「アウェイクパワー」で打撃値を強化し、物理ダメージで戦う他ないでしょうね。

また、ダメージのない「スリープシープ」であれば、反射されても大した被害はありませんので、率先して使って行きたいです。


魔女の髪 Edit

バリケードと大バリケードの奥には、魔女の髪の埋められた石製の墓がありました。入手。

これで、次の創造時から、最大MPが 5されます。

またも2枚のバリケード Edit

魔女の髪の先には、またもバリケードと大バリケードです。

ルサールカとの2戦目に備えます。

合成 Edit

まずは、合成で「暴勇の印章」を作成。これを装備させて、「アウェイクパワー」を使用可能にします。

装備させるのは、ガラドリエルです。

創造 Edit

「スリープシープ」担当の「泥の賢者」攻撃担当の「泥の僧侶」をそれぞれLv.1で創造します。

隊列 Edit

HPが300以上と圧倒的に高いガラドリエルが前列、後列の泥人形たちを守ります。

装備 Edit

ガラドリエルに「暴勇の印章」と「ハイウェイスター」を装備

エンカウント Edit

大バリケードを破壊してエンカウント!

ターン1 Edit

ガラドリエル
泥の賢者に「アウェイクパワー」
泥の賢者
「スリープシープ」
泥の僧侶
防御

「睡眠」の付着に成功!

ターン2 Edit

ガラドリエル
泥の僧侶に「アウェイクパワー」
泥の賢者
攻撃
泥の僧侶
攻撃

泥の賢者と泥の僧侶が、それぞれ、21ダメージと、30のダメージを与えてくれました。

ルサールカの守備値は15なので、「アウェイクパワー」で強化された2名の打撃値は、25.530くらいでしょう。乱数によるブレもあるので、だいたいという感じですが。

私は、「石竜の牙」を2個入手しているため、基となる打撃値は、泥の賢者が16、泥の僧侶が21です。

きっと、アウェイクパワーは、打撃値1.5倍にする戦技なのでしょう。

  • 16 × 1.524
  • 21 × 1.531.5

――なので、だいたい一致します。

ターン3 Edit

ガラドリエル
泥の賢者に「アウェイクパワー」
泥の賢者
「スリープシープ」
泥の僧侶
防御

先ほどと同様、ルサールカの「睡眠」に成功。

ターン4 Edit

ガラドリエル
泥の僧侶に「アウェイクパワー」
泥の賢者
攻撃
泥の僧侶
攻撃

泥の賢者と泥の僧侶が、それぞれ、17ダメージと、34のダメージを与えてくれました。

ターン4 Edit

ガラドリエル
防御
泥の賢者
攻撃
泥の僧侶
攻撃

これで、トドメです。


泥の賢者が、18ダメージを与え、ルサールカを倒してくれました。

戦闘終了後、ガラドリエルの最大HPが 13されました。これだけ楽に勝てるなら、いい数値だと思います。


万が一、「スリープシープ」が反射されて泥の賢者が眠ってしまっても、「アウェイクパワー」で打撃値を強化された泥の僧侶が戦ってくれれば充分勝てるでしょう。

メモ Edit

2セット目のバリケードを越えた先にはメモが落ちていました。

メモは、「魔王討伐」に関して書かれたものでした。

なんでも、ここで言及されている「魔王討伐」は、実質人身御供的なものなのだそうです。文面からはメモの記者の憤りが感じられます。

魔王退治、RPGではお約束の行事ですが、これは、ガラドリエルの脱出行には関係あるのでしょうかね。

私の予想としては、ガラドリエルこそが、その魔王なのではないかと考えます。地下20階の大きな棺がガラドリエルの寝床みたいな印象でしたしね。

ずばり、メモを書いた人による魔王討伐は、既に失敗しているのではないでしょうか。


とはいえ、作品開始時点のガラドリエルは超弱かったので、魔王というほどの器ではないかもしれませんけれども。

地下9階への階段 Edit

メモの先には、地下9階への階段がありました。

地下10階の西側と同様に、東側にも階段があるわけです。どちらから進むか迷いますね。

というところで、今日の脱出を終えます。

明日は、地下10階の西側の階段から地下9階に進みます。

2015-05
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
2015-06
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930

Amazon.co.jpアソシエイト