『グリムボルトDeep』の攻略日記/Fuga/2014-12-02

スポンサーリンク

攻略日記、24日目。


今朝は、滑る床だらけの地下3階を攻略しました。

そして、今晩は、地下4階へと降りてみます。

セーブポイント! Edit

一番先に良いニュースを書いておきます。地下4階にて、セーブポイントを発見しました! バンザイ!!

4階の奥に着けばセーブポイントがあるので、「しおり」でのセーブは、やはり地下3階にて、「ジャガーノート」と運頼みの戦いをする前にしておくのが良いと思います。具体的には、ヴォーパルダガーを入手した直後が、良いタイミングでしょうか。


地下3階で、一旦セーブしておけば、地下4階をある程度リラックスして探索できますからね。

地下3階の追加情報 Edit

ところで、地下3階には「ジャガーノート」以外にも、「火遊び」や「黄雲」といった敵が現れますが、ジャガーノートと比べれば、大したことはありません。

火遊び Edit

「火遊び」は、スキーマー & プレデターへの対処法とまったく同じ戦法で勝てます。

すなわち――

――です。

地下1階にて、リジー・ボーデンを入手してディズィ装備させておけば、より安定して勝てるでしょう。

ただし、「火遊び」は数が多いので、仮面の男の武器を「クヌート」に付け替えるのを忘れると痛い目を見ます。

黄雲 Edit

床に刺さった刀、第3弾の「黄雲」。

赤鰯」「青柳」と同様、アロン or 仮面の男専用の武器になります。

黄雲は回避率が高めですが、打たれ弱いので、仮面の男に「トリプレット」を装備させておけば、難なく勝てるはず。

棘の罠地獄 Edit

さて、地下4階の良いニュースは「セーブポイント」の存在ですが、悪いニュースは、大量の「棘の罠」の存在です。

棘の罠は、破壊するために危険度が2上昇するほどの手間を要しますが、かといって、強行突破すると、脱獄者全員が10のダメージを負ってしまいます。

幸い、「棘の罠」でHPを極限まで減らされても、HPは1残り、ギリギリ死なずには済みますが、戦闘に入れば、即座にお陀仏です。

敢えて、戦いの道を選ぶ Edit

危険度上昇によるエンカウントの相手は、対処法のわかっている「火遊び」たちなので、ここは、棘の罠を強行突破せず、すべてなぎ倒して進みます。

「火遊び」のランダムドロップアイテムである「猫薬」も美味しいですしね。

ジェノサイダーと灼熱姫の恐怖 Edit

地下4階の真の恐怖は、「棘の罠」ではなく、固定敵シンボル & 移動敵シンボルの「ジェノサイダー」や「灼熱姫」です。

ジェノサイダー Edit

特に、「ジェノサイダー」は開幕直後に使用してくる全体攻撃技能「ハー・デス」により、100以上のダメージを与えてきます。

背後から襲撃をかければ、「ハー・デス」は使用されませんが、それでも、打撃攻撃で40以上のダメージを与えてくる強敵です。しかも状態異常「睡眠」を付与する技能「眠りの雲」を使用してくるので、安心毛布が手放せません。


なお、「ジェノサイダー」には、「ヴォーパルダガー」の即死や技能ディスコード」による狂乱は無効であるようです。


倒せば、ランダムドロップで「安心毛布」が1枚手に入る可能性があるのですが、はっきり言って割に合わないので、戦うよりも、アンジュの「掠め取り」で盗んでしまいましょう。

灼熱姫 Edit

一方、「灼熱姫」も強敵です。ジェノサイダーよりはマシですが、炎熱属性の全体攻撃「グラナートロート」が恐ろしい。 ファイアワークスの「グラナートロート」よりも遥かに強化されています。

灼熱姫には装具「フールクロス」による技能ディスコード」が有用なので、早々に狂乱状態にさせてしまえば「グラナートロート」は封じられます。

グラナートロートを封じつつ、地道に「ヴォーパルダガー」の即死を狙っていけば、勝つのも可能でしょう。


灼熱姫は、2体が地下4階の中をウロウロ移動しており、セーブポイントへの道を阻んできます。

うまく、危険度増加イベントを制御して、道を空けさせましょう。

灼熱姫の移動は、三つの地点を移動する三拍子になっているので、ワルツのリズムを思いつつ、「棘の罠」を破壊していけば、灼熱姫を避けつつ、セーブポイントまで到達できるでしょう。

↓に貼るガイドマップも参考にしてください。

ガイドマップ Edit

地下4階/ガイドマップ Edit

タッチガイド

地下3階からの階段。

もう引き返すことは出来ない

地下5階への階段。

「この塔は21階建てである」と書かれた書類。

開ける際に危険度が1上昇する宝箱

中身は「生命の宝玉」。

開ける際に危険度が1上昇する宝箱

中身は「生命の宝玉」。

開ける際に危険度が1上昇する宝箱

中身は「猫薬」。

開ける際に危険度が1上昇する宝箱

中身は「トリスメギストス?」。

南を向いて立つ「ジェノサイダー

脱獄者たちがバリケードや宝箱を破壊するたびに移動する「灼熱姫」。

「危険度増加イベント」に呼応して、 a1 -> a2 -> a3 という順に移動し、 a3 の後は a1 に戻る。

脱獄者たちがバリケードや宝箱を破壊するたびに移動する「灼熱姫」。

「危険度増加イベント」に呼応して、 b1 -> b2 -> b3 という順に移動し、 b3 の後は b1 に戻る。

セーブを行うための紙束。

破壊する際に危険度が2上昇するバリケード。

破壊する際に危険度が3上昇するバリケード。

破壊する際に危険度が2上昇する。

強行突破するなら、脱獄メンバー全員が10ダメージ。

灼熱姫を避けつつ、セーブポイントに向かうならコレらの罠を破壊する。

破壊する際に危険度が2上昇する。

強行突破するなら、脱獄メンバー全員が10ダメージ。

セーブポイントに向かうだけなら、無視してもよし。

やわらかい鍵」を使用して解錠する鉄格子。

あるいは「爆破のスクロール」を使用すると、危険度2上昇と引き換えに、破壊することも可能。

というところで、今日の脱獄を終わります。

気ままな地下探検だと思っていたら、よもや、地上の出口はブラフであり、地下こそが本来の脱獄ルートであったとは、恐ろしいことです。

なお、地下4階の書類によれば、本当は監獄塔グリム・ボルトは21階建てだそうで。

地下4階は、実際には、2階ということになります。

つまり、明日向かう地下5階こそ、本来の地上1階。 調子よく脱獄したいものです。

Amazon.co.jpアソシエイト