『グリムボルトDeep』の攻略日記/Fuga/2014-12-04

スポンサーリンク

攻略日記、26日目。


昨日は、「グリムキーパー」なるボスキャラとの戦いに苦戦させられました。

今日は、「グリムキーパー」に勝てる方法を模索したいと思います。

使用してくる技能 Edit

まず、グリムキーパーの使用してくる技能は――

DB更新: 2015-07-20 22:21:04

(表示されているデータは記事の日付よりも新しいです)

――です。

中でも、特に警戒したいのは――

氷影剣

命中率100%の攻撃で「観測遮蔽カーテン」も無効。

足払い

転倒させられると、1ターン行動不能。

笑気ガス

全員の「攻撃」が低下する上、全員が20程度のダメージを受ける。

クイーンスノー

全員が40程度の魔法ダメージを受ける。

稲妻斬り

全員が40程度のダメージを受ける。

デスシックル

たまに一撃で戦闘不能。

――です。

フィーバー Edit

戦闘メンバーが制御不能になる「フィーバー」も脅威と言えば脅威ですが、副作用として「攻撃」が上昇するので、攻撃役にとってはむしろプラス。

いざという時に逃げられるように、戦闘メンバーの一人には「安心毛布」を装備させて、状態異常を無効化しておきましょう。

足払い Edit

足払いで転ばされて、いざという時に行動できないと、痛手になります。

なので、足払い対策に、ロッドさんの初期装具である「大盾」を装備しておくのも手です。

爆破のスクロールを盗み放題 Edit

アンジュに「バカには見えない鎧」を装備させておけば、技能「掠め取り」の成功確率が跳ね上がります。

つまり、逃走時に、「爆破のスクロール」を盗み放題ということです。

5回までは逃走可能なので、最大で5個の「爆破のスクロール」を入手できることになります。

爆破のスクロールを1回使用すれば、「グリムキーパー」に70程度のダメージを与えられます。

残りHPに合わせて変わる戦闘スタイル Edit

グリムキーパーは、残りHPに応じて戦闘スタイルが変化します。

HP500以上とHP250以下の時は、物理攻撃主体の戦法。 HP500以下250以上くらいまでは、魔法攻撃主体の戦法になっています。

魔法攻撃主体の時には、「ディアブロ」を連発しつつ、「クイーンスノー」も放ってきます。

HPを500以下まで削ったら、「シロツメクサ」と「ロッド」さんを戦闘メンバーにすれば、ダメージはかなり抑えられるでしょう。

ロッド」に月読の鎧装備させて「ルナカーテン」も使えば、さらに良いです。

「ルナカーテン」は属性攻撃の被ダメージを減らせるので、氷影剣のダメージも減らせます。

オススメ戦法 Edit

そして、「グリムキーパー」の戦闘スタイルの遷移に合わせてこちらも戦闘メンバーを変更することで、私も見事に勝利できました。

以下、オススメの戦闘法を示します。

基本はカナリシア Edit

基本になるメンバーは回復役である「カナリシア」。

2階の宝箱から「ゴッドハンド」を入手しておいたおかげで、毎ターン薬草を使用して戦闘メンバー全員のHPを20回復できます。薬草の在庫はあればあるだけ良いです。


回復役のカナリシアには「安心毛布」を装備させ、「狂乱」「転倒」を防止しましょう。

また、手持ちの強壮剤はすべてカナリシアにつぎ込んでしまってもいいかも知れません。

実は、カナリシアだけは、戦闘時以外でも回復アイテムの効果が2倍なのです。強壮剤で最大HPが高まっているカナリシア生命の宝玉を使用すれば、効率良く100HPを回復できます。

序盤は盗む Edit

まず序盤は、カナリシアに加えて「アンジュ」と「ディズィ」を加えます。

ディズィ」は「ぶんどる」で「グリムキーパー」の「生命の宝玉」を盗む。

そして、アンジュディズィの盗みの終わり次第「バカには見えない鎧」で強化した「掠め取り」で、着実に「爆破のスクロール」を盗みます。

その後は、「グリムキーパー」のHPが500以下になるまで、盗んだ「爆破のスクロール」でダメージを与えていきます。

運良くフィーバーアンジュディズィの「攻撃」が上昇したら、しばらく物理で殴らせても良いです。ただし、魔法技能クイーンスノー」には弱い二人なので、引き際が肝心。


なお、「ぶんどる」の与ダメージを増やすため、ディズィには「リジー・ボーデン」を装備させると良いです。


グリムキーパーに充分なダメージを与えたあとで、残りの戦闘回数は中盤戦と終盤戦の2回だけなので、もし、逃げられる回数が残っていれば、1ターン目に逃走し「爆破のスクロール」をゲットしましょう。

残り戦闘可能は、道に建てられた石のアーチの数で把握できます。

魔法対決 Edit

続いて、中盤戦。

魔法攻撃ばかり使ってくるようになる「グリムキーパー」には、シロツメクサ&ロッドさんのコンビが最適です。

シロツメクサには「形見の指輪」や「双言の帽子」を装備させ、「ディアブロ」や「チューリップ」で魔法攻撃。

そして、ロッドさんには「大盾」と「月読の鎧」を装備して貰って「ルナカーテン」を使用してもらいます。「大盾」で転倒を回避しつつ、確実に「ルナカーテン」を使いましょう。

ルナカーテンでは――

――のダメージを減らすことができます。中盤戦では、あとは足払いしか相手には選択肢はないので、余裕綽々です。

逆に言えば、ルナカーテン前に連続して「氷影剣」を受けると戦闘不能の危機です。

トドメ! Edit

最後、HPが250くらいを下回った辺りで、「グリムキーパー」は怒涛の物理攻撃スタイルにチェンジします。

全体に40ほどのダメージを与える「稲妻斬り」と、たまに一撃で戦闘不能にされる「デスシックル」は脅威です。

ここでは、「仮面の男」と「アロン」に登場してもらいます。

仮面の男には3回攻撃の「トリプレット」を、そしてアロンには、常に狂乱状態(制御不能だが「攻撃」上昇)になる妖刀「黄雲」を装備

あとは、観測遮蔽カーテン装備して「稲妻斬り」に備えます。

氷影剣は命中率が高く、観測遮蔽カーテンを意に介しませんが、終盤は稲妻斬りを狙ってくる分、氷影剣の出番は少ないです。

グリムキーパーフィーバーを使わなくなったので、カナリシアは「安心毛布」を「大盾」に持ち替えても良いです。

という感じで、見事勝利。

不運にも稲妻斬りが連続ヒットしない限り、誰にも後遺症を残すことなく脱獄できます。

その後 Edit

そして、グリム・ボルトから離れると、自由になった脱獄者たちのその後が、少しだけ明かされました。

めでたい人も居れば、そうでない人も居ます。


カナリシアがなんだか大変なことになっていますが、最終決戦前に強壮剤を飲ませ過ぎたせいかと焦ってしまいます。

その後、念の為、カナリシア強壮剤を飲ませずにクリアーしてみましたが、未来は変わらず……。脱獄とは無関係に服用している薬のせいみたいです……。


あと、アロンはとんでもない問題人物なので、グリム・ボルトに入れたままの方が、断然いいと思いました。

タイトル画面 Edit

あと、真の脱獄を果たしたことによって、タイトル画面にも変化が。

シロツメクサさん、めちゃくちゃ可愛いです。

というところで、シロツメクサの脱獄を終わります。

私は、この作品を、知人に薦められて遊び始め、途中、あまりに難しくて心が折れそうにもなりましたが、今ではコツも掴んで、すっかりこの作品の魅力のトリコです。

明日からは、別の囚人をリーダーにして脱獄を続けます。

とりあえず、盗品をすべて把握したいので、次はディズィくんをリーダーにする予定です。

Amazon.co.jpアソシエイト