『ひびかけ色のキセキ〜Portable〜』の攻略日記/Fuga/2017-07-17

スポンサーリンク

ひびかけ色のキセキ〜Portable〜』のプレイ日記、12日目。 Windows版『ひびかけ色のキセキ』の開始からは、137日目


昨日は、Act.3「エンドロールへの旅路」の道中を進みました。


今日は、Act.3のボス敵を倒します。

ボス敵「イヴィルキング」 Edit

ソラが単独で、魔法使い部隊の殿(しんがり)を務めるAct.3「エンドロールへの旅路」。

そのボス敵は、鉄の鎧を纏った巨人「イヴィルキング」でした。

味方部隊の後を追うソラの頭上から、「イヴィルキング」の巨大な足が降りてきます。

Edit HP (Act. 3) Edit Weak Edit
イヴィルキング? 450

DB更新: 2017-09-18 08:00:17

(表示されているデータは記事の日付よりも新しいです)

イヴィルキングの弱点属性は「雷」。 ソラは、「ダークフォール」に割り振ってあるスキルポイントを「ライトニングボルト」に振り直し、「ライトニングボルト(スパークショック)」をスキルLv.4にすると良いでしょう。


なお、Windows版では、「イヴィルキング」はAct.4のボス敵であり、魔法学校にて戦う相手でした。

戦闘メンバー Edit

ソラ
Lv.
7
Skill
ライトニングボルト(スパークショック)
Lv. 4
ダークフォール
Lv. 1

攻略 Edit

この戦闘にて成すべきことは――

  • 「Analize」にてイヴィルキングの情報を獲得。
  • 「スパークショック」にて敵を攻撃。

――の2点。

リアルタイムガードは一切行わなくとも負けることはなさそうです。


1度の「スパークショック (Lv. 4)」にて、およそ65点のダメージを与えることができ、イヴィルキングのHPは450であるため――

  • 450 ÷ 656.92307...

――より、運が悪くなければ「スパークショック (Lv. 4)」を7度も放てば勝利できる計算になります。

ただし、実際には、戦闘の途中でイベントが挟まり、「スパークショック」の7発目を撃つ必要もなく、ソラのスペシャルスキル「ヴィングトール」によって勝利することが可能。

スペシャルスキル Edit

イヴィルキングがチャージ後に使用するスキル――対象のHP残量の一定割合ダメージ攻撃――によって、ソラのHPが瀕死にまで減少すると、ソラは「奥の手」、スペシャルスキルの使用を決めます。

スペシャルスキルは…… 特殊な状況下で使用できるスキルです

Cited from ひびかけ色のキセキ〜Portable〜

――とのこと。 特殊な状況下というのが瀕死状態を指すのか、ストーリー上の特定シチュエーションを指すのかは現状不明ですが、とにかく、追い詰められたソラはイヴィルキングに対してスペシャルスキル「ヴィングトール」を使用することができます。

「ヴィングトール」の"トール"とは、おそらく、北欧神話の雷の神さま"トール"のことでしょう。

Lv.7のソラの放つ「ヴィングトール」の威力は38x5。「スパークショック (Lv. 4)」の威力が11x5であることと比べると、およそ3.5倍ほどの威力があります。


とはいえ、「ヴィングトール」の一撃のみではイヴィルキングのHP450をすべて奪うには至らないため、スペシャルスキル発動のイベントまでに、ちゃんと「スパークショック」などでダメージを与えておきましょう。

エーテルドリンク依存症に陥っているソラは、魔法使いとして不調な状態にはありましたが、奥の手の「ヴィングトール」によってイヴィルキングを撃破!


スペシャルスキル「ヴィングトール」は、Windows版には存在しなかった要素です。

今後、どういう状況で使用可能になるのか、気になります。

――というところで、今日の日記を終わります。


今日は、Act.3のボス敵「イヴィルキング」を、ソラのスペシャルスキル「ヴィングトール」にて撃破!

Amazon.co.jpアソシエイト