『ひびかけ色のキセキ〜Portable〜』の攻略日記/Fuga/2017-08-22

スポンサーリンク

ひびかけ色のキセキ〜Portable〜』のプレイ日記、48日目。 Windows版『ひびかけ色のキセキ』の開始からは、173日目


昨日は、Act.12「その先にあるもの」の導入部を読みました。

ここに来て、Windows版とはガラッと展開が変わっています。 果たしてリジェ先生が自身で決着を付けないままに、半島の現領主は討伐されるのでしょうか?

Act.12の道中 Edit

有利属性は――

有利属性
4
1
1

――となっています。

残念ながら、Act.12では「Formation」機能を使用できず、[エリシャ隊長, ソラ, シイナ]の3名で戦う他ありません。 そして、エリシャ隊長たちは「白」属性のスキルスロットを備えていないため、道中で最も有効となる「白」属性で敵を攻撃することは不可能。

ミシェル会長もシイナに付いてきてくれれば良かったのですが、ミシェル会長はソラのベッドの偽装工作に騙され、ソラが布団の中にいるものと思い込んで出遅れてしまいました。

出現する敵 Edit

Edit HP (Act. 12) Edit Weak Edit
ウィスプ? 97
ゴースト? 121
スケルトン? 127
ウェアウルフ? 135
スケープゴート? 200

DB更新: 2017-09-18 08:00:17

(表示されているデータは記事の日付よりも新しいです)

戦闘メンバー Edit

エリシャ
Lv.
13
Skill
ファイアボール(フレイムバースト)
Lv. 5
フレアチャージ
Lv. 3
ソラ
Lv.
13
Skill
ダークフォール(ブラックホール)
Lv. 5
サンダーストーム
Lv. 3
シイナ
Lv.
14
Skill
ダークフォール(ブラックホール)
Lv. 4
ウォーターヒール
Lv. 5
役割
エリシャ
  • 味方のMPが切れそうなら「フレアチャージ(Lv. 3)」にてエリシャ隊長以外のMP回復。
  • 「ファイアボール(Lv. 5)」にて敵にダメージ
ソラ
  • 「ダークフォール(Lv. 5)」か「サンダーストーム(Lv. 3)」にて敵にダメージ
シイナ
  • 味方のHPに余裕があれば「ダークフォール(Lv. 4)」にて敵にダメージ
  • 「ウォーターヒール(Lv. 5)」にて味方全体のHP回復

攻略 Edit

Act.12の道中の戦闘BGM、すごく格好いいです。 エリシャ隊長たち決死隊の覚悟が感じられます。

  1. 第一戦の相手は骸骨剣士「スケルトン」と黒い幽霊「ゴースト」。 どちらもPortable版では初対面の魔者です。


    「白」属性の攻撃が叶わないため、多少戦闘が長引きます。

    「ウォーターヒール」での回復を行えれば長期戦にも耐えられますが、ゴーストのスキルによってステート「炎症」を付加されてしまえば、4ターンのあいだ回復スキルが効かなくなってしまうため大ピンチです。

    ゴーストを優先して倒すようにしましょう。


    この戦闘にて、この場にはいないミシェル会長のLv.が12に。 新たなパッシブスキル「ヒーリング」を習得。

    「ヒーリング」はWindows版にも存在するスキルであり、ミシェル会長のリンケージ対象のHPがわずかに回復するようになります。


    戦闘の合間には、宿にて取り乱すリジェ先生を、ルネさんが不安そうに見てくれている様子が伺えます。

  2. 第二戦も「スケルトン」と「ゴースト」が相手。

    ゴーストから撃破します。

  3. 第三戦では「ゴースト」と狼男「ウェアウルフ」が現れます。 ウェアウルフは、ケルベロスのお供の色違い。


    ウェアウルフにはエリシャ隊長の「炎」スキルがよく効きます。


    戦闘の合間には、宿から飛び出したミシェル会長が街中にて、心配のあまり泣きながらソラを探しています。

  4. 第四戦では「ウェアウルフ」と「スケルトン」が相手。


    弱点を突けるウェアウルフを先に片付けます。


    戦闘後には、連戦連勝で多少緊張感が緩んだのか、ソラがシイナへと話しかけてくる会話イベント。

    ソラの話の内容はWindows版にて皆で領主館に入ったときと同様、魔法を暴走させれば魔者になってしまうかもしれないという危険性を語られるもの。

  5. 第五戦は中ボス戦。

    「ゴースト」が2体と、ゴーストの色違いの「スケープゴート」が現れます。


    「スケープゴート」は、プレイヤー側全体にステート「炎症」を付加し、回復スキルを妨害する強敵です。

    幸い、弱点属性が「雷」なので、ソラに一時的に「ライトニングボルト(Lv. 5)」を装備してもらい、優先して片付けます。 スペシャルスキル「ヴィングトール」で一撃撃破するのも良いかもしれません。


    この戦闘にて、シイナのLv.が15に上がり、新たなスペシャルスキル「デモリッシュ」を習得。

    デモリッシュは、MP残量に比例した大ダメージを与える代わりに、MP残量を0にするスキルです。 ボス戦直前やボスへのトドメなど、MPを使い切っても問題ない状況はないでもないので、そういう際に使用するのが良いかもしれません。


    戦闘の合間には、ソラやエリシャ隊長の強力な魔法に圧倒されつつも、負けじと「黒」の魔法で敵を攻めるシイナの勇姿が見えます。

  6. 第六戦は「ウィスプ」と「スケルトン」が相手。


    ウィスプはシイナの「ダークフォール(Lv. 5)」にて一撃撃破が可能。

  7. 第七戦は「ウィスプ」と「ゴースト」が相手。


    戦闘の合間には、宿でオタオタしていたリジェ先生が、何か思い立ったように部屋を出ていく様子が伺えます。

  8. ラストの第八戦では、「ウェアウルフ」が2体出現。


    「ウェアウルフ」はスキルによりプレイヤー側の1名にステート「標的」を付加し、敵全体で集中攻撃してきます。

    ステート「標的」の付加された味方のHPが切れないように要注意。 もしも「標的」と「炎症」が重なった場合は、手に負えません。


    この戦闘にてエリシャ隊長のLv.が15になり、新たなスペシャルスキル「ラストスタンド」を習得。

    味方全体を一度だけ戦闘不能から復帰させるスキルとのことです。 これがあるかないかで、戦闘の難度は大きく変わりそうな予感。


    戦闘後には、虚脱状態から一転、すべての敵を破壊したいという黒い衝動に呑まれたリジェ先生の様子が伺える会話イベント。

    破壊の力を欲するリジェ先生に、ルネさんは懐に隠し持っていた「黒水晶」の欠片を委ねます。

――というところで、今日の攻略日記を終わります。


破壊衝動に突き動かされるリジェ先生は、ルネさんから渡された「黒水晶」にて何を為そうというのでしょう。 悲劇が起こらなければ良いのですが……。

Amazon.co.jpアソシエイト