『ひびかけ色のキセキ〜Portable〜』の攻略日記/Fuga/2017-08-26

スポンサーリンク

ひびかけ色のキセキ〜Portable〜』のプレイ日記、52日目。 Windows版『ひびかけ色のキセキ』の開始からは、177日目


昨日は、Act.13「灯籠を水に流して」の導入部を読みました。

リジェ先生の黒く染まりかけていた心は、気絶して目を覚ましたことでもとに戻っています。

Act.13の道中 Edit

Act.13「灯籠を水に流して」の道中の有利属性は――

有利属性
3
2
1

――です。

とりあえず、リジェ先生に「氷」と「白」を担当してもらいます。

現れる敵 Edit

Edit HP (Act. 13) Edit Weak Edit
スライム? 63
バット? 70
スネーク? 102
スコーピオン? 104
ゼリーフィッシュ? 105
サハギン? 140
サハギンキング? 300

DB更新: 2017-09-18 08:00:17

(表示されているデータは記事の日付よりも新しいです)

戦闘メンバー Edit

リジェ
Lv.
14
Skill
フリーズランサー(アイシクルエッジ)
Lv. 5
セイントビーム(レイ)
Lv. 4
ソラ
Lv.
14
Skill
ライトニングボルト(スパークショック)
Lv. 5
サンダーストーム(ボルトレイジング)
Lv. 4
ルネ
Lv.
14
Skill
ウォーターヒール
Lv. 5
ファイアボール(フレイムバースト)
Lv. 4
役割
リジェ
  • 「フリーズランサー(Lv. 5)」「セイントビーム(Lv. 4)」にて敵を攻撃
ソラ
  • 「ライトニングボルト(Lv. 5)」「サンダーストーム(Lv. 4)」にて敵を攻撃
ルネ
  • 味方のHPに余裕があれば「ファイアボール(Lv. 4)」にて敵を攻撃
  • 「ウォーターヒール(Lv. 5)」にて味方全体のHP回復

リジェ先生とソラを敵の弱点属性を突く攻撃担当とし、パッシブスキル「アフターヒール」を備えるルネさんを回復担当とします。

攻略 Edit

  1. 第一戦では「サハギン」と「スライム」が相手。


    HPが高いサハギンは、ソラの「ライトニングボルト(Lv. 5)」だけでは倒しきれないため、リジェ先生の「フリーズランサー(Lv. 5)」とルネさんの「ファイアボール(Lv. 4)」も加えて撃破します。

    スライムは弱いので後回しです。


    この戦闘でソラのLv.が15になり、新たなスペシャルスキル「セルフィッシュ」を習得。 一定ターンのあいだ、ソラの防御力を下げる代わりに攻撃力を上げます。


    戦闘の合間には、ルネさんが突如「竜宮城」と唱えました。

    これはきっと、Act.5「桜なごりの学舎」にて行われたリジェ先生とルネさんのしりとり対決の続きでしょう。

    私は、突拍子もなく以前のしりとりを再開してみせるルネさんが好きです。

  2. 第二戦では「ゼリーフィッシュ」×2との勝負。


    ソラの「ライトニングボルト(Lv. 5)」を軸に攻めていきましょう。

  3. 第三戦では「サハギン」と「バット」が出現。


    バットはスキルにてルネさん以外にステート「暗闇」を付加してくるため、リジェ先生の「セイントビーム(Lv. 4)」を軸にして優先的に処理します。


    この戦闘にてリジェ先生のLv.が15になり、新たなスペシャルスキル「フロストシールド」を習得。 「フロストシールド」の効果はWindows版のそれとは異なり、HPの25%以下のダメージを無効化するとなっています。


    戦闘の合間には、ルネさんがシイナやエリシャ隊長に対して「竜宮城」と唱え続けていますが、みな首を傾げるばかりで、しりとり勝負とは気付いていないようです。

  4. 第四戦では、「スネーク」と「ゼリーフィッシュ」が相手。


    スネークは、リジェ先生の「フリーズランサー(Lv. 5)」が全弾命中すれば1ターン撃破可能ですが、スネークのEVAの値が低くないことに加え、直前の戦闘にてバットよりステート「暗闇」を付加されているため、まるで命中してくれません。

    ステート「暗闇」が解除されるまでは、EVAの値の低い「ゼリーフィッシュ」の処理を行い、しかる後にスネークも撃破。


    この戦闘にてルネさんのLv.が15になり、新たなるスペシャルスキル「パニッシュメント」を習得。 ボス以外の敵1体を即死にする道中用のスキルです。


    戦闘後には、黒水晶の破壊に関するミシェル会長の気持ちが語られる会話シーン。

    ミシェル

    魔者も、魔法も、黒水晶も それ自体に罪はないのでしょうけれど……

    必ず弱い者にシワ寄せがいくんです

    人の手に負えないような技術なんて なくなってしまった方がいいんです

    Cited from ひびかけ色のキセキ〜Portable〜

    魔法の出処である黒水晶がなくなれば、ミシェル会長たちの使っている魔法も世界から消えてなくなる筈ですが、ミシェル会長としてはそれも望むところ。 争いを厭い、弱い者へのシワ寄せを嫌っているのは、リジェ先生とも同じです。

  5. 第五戦では、「サハギン」が2体と、サハギンの色違いの「サハギンキング」が1体。


    「雷」を弱点とする敵が3体もいるため、ソラの「サンダーストーム(Lv. 4)」を軸にして攻めていきます。

    サハギンキングはチャージ後に強力な全体攻撃スキルを使用してきますが、リアルタイムガードを成功させ、ルネさんにしっかりと「ウォーターヒール(Lv. 5)」で回復してもらえば、危なげなく勝利可能。


    戦闘後には、ルネさんの「竜宮城」に対して、リジェ先生が「玉手箱」と返していました。 リジェ先生はしりとりではなく連想ゲームと勘違いしているようです。

  6. 第六戦は、「サハギン」と「スコーピオン」。


    スコーピオンは、リジェ先生の「フリーズランサー(Lv. 5)」を3発ヒットさせて1ターン撃破。 ただし、スコーピオンのEVAの値が高いため、3発当てられるかどうかは安定しません。


    この辺りでMPが底をつくため、各々Linkageを使ってのMP回復を1回ずつ行っておきます。

  7. 第七戦は、「ゼリーフィッシュ」と「スネーク」。


    スネークはリジェ先生、ゼリーフィッシュはソラとルネさんで処置。


    戦闘の合間には、ルネさんがシイナに「竜宮城」と唱え、シイナが困惑。 結局、ルネさんがしりとりをしているものと理解できる味方は不在。

    シイナは、「竜宮城」の件をリジェ先生に相談に行きました。

  8. ラストの第八戦では、「スコーピオン」「スネーク」「バット」が出現。


    EVAの値の高い「スコーピオン」はリジェ先生の「フリーズランサー(Lv. 5)」で倒しきれるかどうか不安なので、まずは「スネーク」を倒して頭数を減らします。

    ソラとルネさんは「バット」を倒し、残った「スコーピオン」はじっくり対処。


    戦闘後には、妹マリーについてソラに問うミシェル会長と、それをはぐらかすソラの会話イベントが見られます。 Windows版では、半島の領主館への突入時に行われる会話でしたが、Portable版ではミシェル会長が領主館に入らなかったため、このタイミングに。

ルネさんのパッシブスキル「アフターヒール」のおかげで、戦闘勝利のたびに味方全体のHPが回復され、毎戦闘HP満タン状態で戦い続けることができました。 ルネさんは非常に優秀です。

――というところで、今日の攻略日記を終わります。


今日は、Act.13「灯籠を水に流して」の道中を突破しました。

はたしてルネさんのしりとりは続行されるのか否か、気になります。

Amazon.co.jpアソシエイト