『ひびかけ色のキセキ〜Portable〜』の攻略日記/Fuga/2017-08-30

スポンサーリンク

ひびかけ色のキセキ〜Portable〜』のプレイ日記、56日目。 Windows版『ひびかけ色のキセキ』の開始からは、181日目


昨日は、Act.13「灯籠を水に流して」のエピローグまで読み進めました。

Act.14の導入部 Edit

Act.14の章題は「なほあまりある今」。 Windows版のAct.12と同タイトルです。

リジェ先生の父の隠し洞窟から地下研究所へ Edit

リジェ先生の父親の日誌に記されていた半島の隠し洞窟を進むと、リジェ先生一行は魔法学校の地下研究所へと入り込むことが出来ました。

魔法学校の研究所は幾つかの区画に分けられており、洞窟を出てすぐの区画は、魔法技術とは関係のない施設。 一行は、「黒水晶」の安置されている魔法研究区画へと歩を進めます。

学校長不在の今が好機 Edit

Portable版のAct.3「エンドロールへの旅路」の導入部にて、ソラが魔法学校の学校長を戦地に置き去りにしてきたため、現在の魔法学校は指揮をするものを欠き、混乱状態にあります。

それゆえに、侵入者であるリジェ先生一行の対処をできる者も少なく、「黒水晶」の破壊工作にはもってこいの状況です。

緊張を和らげるために、手を繋いで進むシイナとリジェ先生 Edit

敵の本拠地に潜入し、緊張から身を震わせるシイナ。

そんなシイナを見かねて、リジェ先生はシイナの手を握ります。

そのまま、Windows版と同様、手を繋ぎつつ先へと進む二人です。

今日は、Act.14「なほあまりある今」の導入部を読みました。

Amazon.co.jpアソシエイト