『ひびかけ色のキセキ〜Portable〜』の攻略日記/Fuga/2017-09-11

スポンサーリンク

2017-08
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
2017-09
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ひびかけ色のキセキ〜Portable〜』のプレイ日記、68日目。 Windows版『ひびかけ色のキセキ』の開始からは、193日目


一昨昨日は、Act.16「旅路の果て」のボス敵「キメラ」を倒しました。

昨日は、Loading Error 以降もゲームを進められることを確認しました。

暗闇をタップしなくとも進む Edit

ところで、昨日の日記にて、Loading Error 発生後の暗闇をタップすると次の会話イベントに進むことが可能と書きましたが、本日もう一度試してみたところ、暗闇をタッチせずとも、ただ「Retry」ボタンをタップし続けるだけで先に進むことができました。

Act.16のエピローグ 続き Edit

黒水晶に触れ、記憶を取り戻すシイナ Edit

Windows版と同様、シイナとリジェ先生の二人は、ソラやエリシャ隊長たちを探しながらも水晶洞窟を進み、黒水晶の安置される広間へと到達。 そこで、ヒビ割れから黒い魔力を漏らし続ける黒水晶を発見します。

そしてシイナは黒水晶に手を触れることで、一年前にこの場を訪れた際の記憶を取り戻します。 なお、シイナとルネさんは、黒水晶に安全に触れることの出来る数少ない存在です。

そして、リジェ先生は、黒水晶に触れた新入生=マリーが魔者へと変化した事実をシイナより聞かされます。

黒水晶の破壊を取りやめ、学校を占拠することを決めたリジェ先生 Edit

リジェ先生は、目の前の黒水晶を破壊するか否か考え、結果として、今や魔法学校にとって黒水晶のもたらす力=魔法がなくてはならないものだと結論付けました。

そこで、黒水晶を破壊するのではなく、黒水晶を戦争の道具にする者たちから魔法学校を奪い取り、さらに黒水晶はロストワールドへと隠すことを決定。

リジェ先生は、魔法をもって魔法学校を占拠し、魔法学校の支配者を目指します。 黒水晶の管理はロストワールドのルネさんに委ね、もしもリジェ先生が悪の道に踏み込んだ際には、躊躇なく黒水晶を破壊するよう言い含んでおいた上で。


黒水晶を壊さずにおいて、ルネさんの呪いをどうするのかと問うシイナに対して、リジェ先生の返答はWindows版とPortable版とで微妙に異なっています。

それは……当の本人に任せるよ

Cited from ひびかけ色のキセキ

それは……私が考えることじゃないよ

Cited from ひびかけ色のキセキ〜Portable〜

いずれにせよ、もしもルネさんが黒水晶からの解放を願うのであれば、リジェ先生と対立する必要がありそうです。 幸い、ルネさんは集落の石碑に戦没者の名を刻む生にも意義を感じているようなので、呪いが解けずとも良いのかもしれませんが。


黒水晶が破壊されず、世界に魔力が残されたことで、魔力欠乏状態に陥っているミシェル会長とソラは、図らずも救われました。


そして、Portable版ではリジェ先生の追加の独白があります。

黒水晶は破壊されずに済んだ…… これで全部丸く収まったわけではないけど

もし黒水晶がなくなったら 私達はどうなってしまうんだろう

学校を掌握できたら 詳しく調べてみないと……

Cited from ひびかけ色のキセキ〜Portable〜

ソラの脱獄 Edit

リジェ先生が魔法学校を占拠してからあとのこと。

戦争の最高責任者たる学校長の弟子であったソラは、戦争の責任を追求されて処刑を待つ身となり、長いこと牢屋に入れられていました。 しかし、リジェ先生がこっそりとソラを脱獄をさせ、戦争の相手国へと逃げ込ませます。


ソラを脱獄させる際に、リジェ先生は戦場での出来事をソラに質問しますが、その場面では――

戦争では、戦死者や行方不明者は 数多くでているみたいなんだけど

なかでも研究者の生存率が極めて低くて

反対にソラが率いてた 魔法使いの部隊の生存率はすごく高いの

Cited from ひびかけ色のキセキ〜Portable〜

――とリジェ先生言っています。

Act.3「エンドロールへの旅路」では、てっきりソラの部隊はソラともう一名を除いて全滅したかのようでしたが、どうやら部隊員たちは一時的に戦えなくなってはいても、多くが生還できていたようです。


ところで、Windows版でもソラが言及していた――

  • 魔法学校軍内の裏切り者。敵国に情報を流し、研究員たちの兵糧に毒を仕込んだ人物

――については、Portable版での追加の台詞を読み解くにどうやらソラ当人であるようです。

軍の裏切り者がその後どうなったのかと問うリジェ先生に対し、ソラの返答は、Windows版とPortable版とで――

どうなったのかはわからないな 戦地での情報なんて信用性ないし

Cited from ひびかけ色のキセキ

さぁ、あたしの知ったことじゃないね 戦地での情報なんて信用性ないし

案外、捕まえられて 今も牢屋に入ってたりしてね

Cited from ひびかけ色のキセキ〜Portable〜

――と変わります。 今まさに、ソラとリジェ先生は牢屋の中でお話をしていますから、裏切り者はきっとソラのことなのでしょう。

敵国との内通者がソラなのだとしたら、そのときのツテを活用して、脱獄後に敵国へと逃げ込むのも多少は容易になるでしょう。

マリーの復活 Edit

ソラは魔法学校の敷地を抜け出す直前、ミシェル会長が妹マリーと仲睦まじく過ごす姿を目撃します。

溺愛するマリーを取り戻したミシェル会長はとても幸せそうです。

エピローグはまだ少し続く筈です。

Loading Errorのメッセージを除きつつ、Windows版と見比べつつ読んでいたら、最後の部分を読み切るに至らず。 明日でエピローグを読み終えます。

2017-08
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
2017-09
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

Amazon.co.jpアソシエイト