『ひびかけ色のキセキ』の攻略日記/Fuga/2017-05-02

スポンサーリンク

ひびかけ色のキセキ』のプレイ日記、61日目


昨日は、「エレクトロチェーン」をタイミングよく使用することで、ステート「拘束」「猛毒」の効果を両立可能であることを発見しました!


今日はAct.10「過ち色の記憶」のボス敵を倒します。

ボス敵「ヴァンパイア」&お供「メタルバット」 Edit

Act.10のボス戦の相手は――

  • 金属のこうもり「メタルバット」
  • 吸血鬼「ヴァンパイア」

――でした。

敵の能力値 Edit

Edit HP (Act. 10) Edit ATK (Act. 10) Edit DEF (Act. 10) Edit AGI Edit HIT (Act. 10) Edit EVA (Act. 10) Edit Features Edit
メタルバット? 25 28 34 15 45 25
  • 「白」属性弱点
ヴァンパイア? 960 46 41 29 52 36
  • 「白」属性弱点
  • 「暗闇」ステート無効
  • 「拘束」ステート無効

DB更新: 2017-06-14 18:27:57

(表示されているデータは記事の日付よりも新しいです)

「ヴァンパイア」は、ステート「拘束」に耐性を持っていることになっています。 実際は、ステート「拘束」は有効ですが、武士の情けとして「エレクトロチェーン」は使わずに戦いたいです。

敵のスキル Edit

Edit Skill Edit
メタルバット?
  • ディフェンス (詠唱なし, 使用者にステート「身代わり」付加&被ダメージ1化)
  • ダブルクロウ (詠唱なし, 敵単体に2回ダメージ)
  • カース (敵単体にステート「呪縛」を付加)
  • バフプレイク (死亡時発動, 敵全体の強化魔法を解除)
  • マジックブレイク (死亡時発動, 敵全体のMPを0にする)
ヴァンパイア?
  • ディパーチャー (詠唱なし, 敵1体にステート「宣告」付加)
  • フェードアウト (詠唱なし, 使用者にステート「隠遁」を付加し情報を隠蔽)
  • ランブルアタック (詠唱なし, 敵2体に2回ずつダメージ)
  • ブラックホール (敵5体にダメージ)
  • 怒り (詠唱なし, 使用者にステート「加速」を付加)

DB更新: 2017-06-21 20:23:49

(表示されているデータは記事の日付よりも新しいです)

ディフェンス Edit

「メタルバット」は戦闘開始直後にスキル「ディフェンス」を使用し、以降の自身の被ダメージを1にするとともに、「ヴァンパイア」への攻撃を身代わりに受けるようになります。

つまり、「メタルバット」の少ないHPを1点のダメージの繰り返しやステート「猛毒」のダメージなどで削りきるまでは、「ヴァンパイア」へのダメージを与えることは叶わないということです。

ステート「猛毒」に頼らずに戦う場合、次点はヒット数の多い「ライトニングボルト(スパークショック)」でしょうか。 スキルLv.6の「スパークショック」であれば、一度に7点の与ダメージを期待できます。

バフブレイク, マジックブレイク Edit

「メタルバット」は、自身のHPが0になる際、ランダムで――

  • バフブレイク
  • マジックブレイク

――のいずれかを使用します。

より恐ろしいのは、プレイヤー側全体のMPを0にしてしまう「マジックブレイク」です。


メタルバットにステート「拘束」を付加しておけば、「バフブレイク」「マジックブレイク」の発動を防ぐことができます。 ぜひとも、「エレクトロチェーン」を利用して「メタルバット」を封殺しましょう。

ディパーチャー Edit

ヴァンパイアが第1手番にて使用するスキル「ディパーチャー」。

"出発"の名をもつこのスキルは、対象にステート「宣告」を付加し、付加対象が6回の行動を取るか戦闘が終了したときに、付加対象を即死させます。


「ディパーチャー」によるステート「宣告」の付加を防ぐには――

  • 装備「デッドリーシンボル」
  • スキル「ヒートウェイブ」

――を活用しましょう。


ステート「宣告」を付加されてしまえば、長期戦を望むことはできなくなります。

「ヴァンパイア」との戦いでは、ATKの高いソラが短期決戦を仕掛けるか、あるいは、しっかりと「ディパーチャー」の対策をして戦うことになります。

フェードアウト Edit

ヴァンパイアは、お供の「メタルバット」が倒れた直後の手番にてスキル「フェードアウト」を使用します。

スキル「フェードアウト」を使用されると、ヴァンパイアにステート「隠遁」が付加され、「アナライズ」で入手した情報のうち――

  • HPゲージ
  • APゲージ
  • 画面→端のタイムライン上のアイコン

――を参照できなくなってしまいます。


長期戦の構えでたたかうならば、ヴァンパイアには「フェードアウト」を使用させずに勝ちたいところです。

目標項目 Edit

ヴァンパイア戦に関わる目標項目としては――

  • リジェを入れてヴァンパイアに勝利

――というものがあります。

Act.10の主役はリジェ先生ですからね。

戦闘メンバー Edit

今日の戦闘メンバーは――

  • エリシャ, Lv. 12, スピードリング
  • ソラ, Lv. 13, デッドリーシンボル
  • リジェ, Lv. 11

――とします。

「ヴァンパイア」にはステート「拘束」が効かないことになっているため「エレクトロチェーン」は使用せず、「スピードリング」を装備させたエリシャさんが「ディノブレイズ」で「ヴァンパイア」を封殺します。

ソラは「デッドリーシンボル」でステート「宣告」を防止し、エリシャさんのMPを回復する役割。

リジェ先生は、ステート「宣告」への対策がないため、途中で退場しても問題ないようにしておきます。 とりあえずは、「メタルバット」を倒す際のステート「猛毒」要員として参加してもらいましょう。


装備スキルは――

エリシャ
ディノブレイズ
スキルLv.6
ヒートウェイブ
スキルLv.1
ライジングサン
外す
スピードコード
スキルLv.5
ヒットコード
スキルLv.5
ソラ
スピードアップ
スキルLv.6
エレクトロチェーン
スキルLv.1
リジェ
ポイズン
スキルLv.3
ヒットコード
スキルLv.5

――とします。

「ヒートウェイブ」のスキルLv.は機能していないようなので、1のままで良いです。

エリシャさんの「ライジングサン」を外す理由については後述。

ソラの「エレクトロチェーン」は、メタルバットの「バフブレイク」or「マジックブレイク」を防ぐために必要です。

リジェ先生の「ポイズン」は、メタルバットのHPが25であることから、約30点の猛毒ダメージを与えるスキルLv.3にします。 ただし、スキル成功率に不安があるため、「ヒットコード」は最大までLv.を高めました。

あると助かるスキルは――

エリシャ
  • アキュレイトアップ
リジェ
  • アタックアップ

――です。 手持ち無沙汰なときに使用しておきます。


役割は――

エリシャ
  • 「ヒートウェイブ」にて、ヴァンパイアの「ディパーチャー」を防御
  • 「ディノブレイズ」にて、ヴァンパイアのAPを 50し続ける
ソラ
  • エレクトロチェーン」にて、メタルバットの死亡時発動スキルを防止
  • 「スピードアップ」にて、エリシャさんのAGIの値を49に維持
リジェ先生
  • 目標項目「リジェを入れてヴァンパイアに勝利」を達成
  • 「ポイズン」にて、メタルバットに十分なダメージを与える

――となります。

攻略 Edit

ステート「猛毒」「拘束」の合わせ技 Edit

昨日の日記で言及したとおり――

  • AP100%の敵に「エレクトロチェーン」をヒットさせることで、その敵の行動を封じたままステート「猛毒」のダメージを与えることが可能

――です。


  1. リジェが「ポイズン」をメタルバットに使用。メタルバットにLv.3以上のステート「猛毒」を付加。
  2. ソラが自身のAPを微調整し、ソラとメタルバットのAPが同時に100%になるのを待つ。
  3. ソラが「エレクトロチェーン」をAP100%のメタルバットに使用。メタルバットの死亡時発動スキルを封じたまま約30点の猛毒ダメージでメタルバットを撃破。

――という手順で戦闘を運びましょう。

ソラのAPの微調整方法としては――

  • ソラの手番にて一瞬だけキーボードのXキーを押下することで、ソラのAPを 4
  • ソラが「エスケープ」を選択し「バトルから離脱しますか?」にキャンセルすることで、ソラのAPを 1

――というものがあります。 これらを駆使して、ソラとメタルバットのAP差を0にしましょう。

なお、ソラを戦闘メンバーの先頭に配置している場合、「エスケープ」をキャンセルすることによるAP微調整は望めません。 なぜなら、先頭キャラの手番が巡る都度、敵全体のAPが 1されてしまい、ソラと敵とのAPの差が縮まらないのです。

ちなみに、戦闘メンバーが2名以上のときに先頭キャラが「エスケープ」キャンセルを行うと、敵のAP変動をプラスマイナスゼロとしたまま、先頭キャラ以外の味方のAPだけを 1することが可能。 これを繰り返せば、まず確実に勝利できてしまいますが、時間がかかり過ぎるうえに戦術要素皆無で面白くないため、私はこのテクニックを封印することにします。

「ヒートウェイブ」にて「ディパーチャー」を防ぐ Edit

ステート「宣告」を付加する「ディパーチャー」対策について。


まず、「デッドリーシンボル」を装備したソラには、「ディパーチャー」によるステート「宣告」は付加されません。

そして、「メタルバット」に「ポイズン」を使用する時点まで生きていてくれればOKなリジェ先生は、ステート「宣告」が付加されても問題なし。

残るエリシャさんには、スキル「ヒートウェイブ」にて「ディパーチャー」を無効化してもらいます。


「スピードリング」「スピードコード(Lv. 5)」にてAGIの値を34まで高めたエリシャさんは、 AGIの値29の「ヴァンパイア」に対して確実に先制可能です。

「ディパーチャー」が放たれる「ヴァンパイア」の第一手番に備えて「ヒートウェイブ」を発動しておけば、もしも、エリシャさんがターゲットにされても、「ディパーチャー」を無効化できます。


なお、「ディパーチャー」がエリシャさん以外に対して放たれたならば、「ディパーチャー」の画面演出の途中からキーボードのAキーを押下し続け、「ディパーチャー」の終了時にはただちに「ヒートウェイブ」を手動解除しましょう。

そうしておけば、AGIの値の関係上、ふたたびエリシャさんがヴァンパイアに対して先制行動をとることができます。

AGI49以上のキャラクターを先頭に配置すれば、ディノブレイズで完封勝利 Edit

スキルLv.6の「ディノブレイズ」は、対象のAPを 50することが可能です。

つまり、「ディノブレイズ」を受けた直後の敵のAPは、最高でも1005050より50

そして、本作の戦闘には――

  • 戦闘メンバーの先頭キャラの手番が巡る都度、敵全体のAPが 1される

――という仕組みがあります。

もしも、先頭に配置したキャラが「ディノブレイズ」を使用したなら――

  • 先頭キャラの手番が巡ったことにより、敵のAPを 1
  • スキルLv.6の「ディノブレイズ」で、敵のAPを 50

――となり、一度に敵のAPを 51することが可能です。

APが 51されるということは、敵のAPは最高でも1005149より49になります。


一方、「ディノブレイズ」使用者の、使用直後のAPはAGIの値となります。

AGIの値が49のキャラが「ディノブレイズ」を使用すれば、使用直後のAPは49です。


そして、APが同値であればプレイヤー側のキャラクターが優先されるため、 AGIの値が49以上のキャラクターを先頭に配置し、スキルLv.6「ディノブレイズ」を使用し続けたなら、相手を完封することができます。


AGIの値を49以上にするには、AGIの値34以上の味方にスキルLv.6の「スピードアップ」を使用すればOK。

たとえば、「スピードリング」「スピードコード(Lv.5)」を装備したエリシャさんのAGIの値が34です。

Edit

敵AGI
29
先頭キャラAGI
49
  1. 敵AP
    29
    先頭キャラAP
    49

    51単位時間が経てば、敵APは80、先頭キャラAPは100

    • 先頭キャラの手番が巡り、敵AP 1されて79へ。
    敵AP
    79
    先頭キャラAP
    100
    • ディノブレイズ(Lv.6)を使用し、敵AP 50されて29へ、使用者のAPが49へ。
  2. 敵AP
    29
    先頭キャラAP
    49

    51単位時間が経てば、敵APは80、先頭キャラAPは100

    • 先頭キャラの手番が巡り、敵AP 1されて79へ。
    敵AP
    79
    先頭キャラAP
    100
    • ディノブレイズ(Lv.6)を使用し、敵AP 50されて29へ、使用者のAPが49へ。

――以降繰り返しです。

注意: ライジングサンは敵のHPも 10してしまう Edit

本日、メタルバットとの戦いの中で判明した事実として――

  • エリシャさんのスキル「ライジングサン」は、敵のHPも 10してしまう

――というものが挙げられます。


被ダメージを1点に抑えてくる「メタルバット」のHPが 10されてしまえば、「ポイズン」のスキルLv.を余計に 1させるか、あるいは、攻撃を10回多くヒットさせなくてはなりません。

よって、「メタルバット」との戦闘では、敢えて「ライジングサン」を外しておきます。

注意: ステート「猛毒」にステート「呪縛」の組み合わせは禁忌 Edit

今回は、スキル「カース」を装備したキャラクターが味方にいないので関係ありませんが、スキル「ポイズン」を活用する戦闘においては、スキル「カース」の使用に注意が必要となります。

今日のメタルバットとの戦闘で判明した事実として――

  • ステート「猛毒」とステート「呪縛」が合わさると、猛毒ダメージでは敵のHPを0にできない

――ことが挙げられます。


「メタルバット」にスキル「カース」とスキル「ポイズン」を使用し、ステート「呪縛」「猛毒」を付加したところ――

  1. HP25のメタルバットに猛毒ダメージで30点のダメージ。

    なぜか、メタルバットのHPは-5ではなく1になり、メタルバットが戦闘を続行。

  2. 次のメタルバットの手番、メタルバットは死亡時に発動する筈の「バフブレイク」を使用し、直後に消滅。

――となりました。


ちなみに、ステート「猛毒」「呪縛」に加え、さらに敵AP100%のタイミングで「拘束」も付加した場合は、ちゃんと、猛毒ダメージで敵を倒し切ることができました。

戦闘具体例 Edit

前提
  • エリシャ, ソラ, リジェのAPは100%から開始。
    • エリシャが「アキュレイトアップ」を使用。エナジーの都合でアキュレイトアップがなければ「チャージ」でもしておく。
    • ソラが「アナライズ」をメタルバットに使用。
    • リジェが「ポイズン」をメタルバットに使用。
    • ソラはキーボードのXキーの一瞬押下や「エスケープ」キャンセルにて、メタルバットとのAP差を縮めていく。
    • エリシャが「ヒートウェイブ」を使用。
    • リジェが「アタックアップ」を使用。エナジーの都合でアタックアップがなければ「チャージ」でもしておく。
    • ヴァンパイアが「ディパーチャー」をリジェに使用。

    ディパーチャーの標的がエリシャ以外である場合、ディパーチャーの画面演出中からキーボードのAキーを押下し続け、ただちにエリシャの「ヒートウェイブ」を手動解除。エリシャのAPが34へ。

    • ソラが「エレクトロチェーン」をAP100%のメタルバットに使用。

      メタルバットは猛毒ダメージでHP0に。

      ステート「拘束」により、メタルバットの死亡時発動スキル「バフブレイク」or「マジックブレイク」は不発となる。

    • リジェが「アナライズ」をヴァンパイアに使用。
    • エリシャが「ディノブレイズ」をヴァンパイアに使用。ヴァンパイアのAPが 50される。

      「ヒートウェイブ」の解除が遅れると、「ディノブレイズ」前にヴァンパイアのAPが100%になってしまい、スキル「フェードアウト」を使用される場合あり。

    • ソラが「スピードアップ(Lv.6)」を使用。エリシャのAGIの値が49に。

      以降、エリシャの「スピードアップ」が時間切れとなり、画面→端のタイムライン上でエリシャがヴァンパイアに遅れをとったら、ただちに「スピードアップ」を使用。

      ヴァンパイアがスキル「フェードアウト」によってタイムライン上のアイコンを隠遁させている場合は、エリシャのステートアイコンをチェック。

    • エリシャが「ディノブレイズ」をヴァンパイアに使用。ヴァンパイアのAPが 50される。
    • リジェが「リンケージ」をエリシャに使用。

    「スピードアップ」の必要のないときは、ソラが「リンケージ」をエリシャに使用。

    ディパーチャーがリジェを狙った場合、リジェはステート「宣告」の付加から6回の行動後に退場するも、大勢に影響なし。

上記のように戦えば、ヴァンパイアに「ディパーチャー」以降の行動を取らせずに勝利することが可能です。

クリティカル率が40%ほどの場合「ディノブレイズ」の与ダメージ期待値は26点ほどなので、おおよそ、40回弱もヒットさせればHP960のヴァンパイアを倒せるでしょう。


なお、最大限ATKを強化したソラの「スパークショック(Lv.6)」であれば、クリティカルヒットも込みで合計200点以上の与ダメージを期待できるため、ただ倒すだけであれば、「スパークショック」を使用した戦法の方が手早く澄みます。

上記例は、「ディノブレイズ」でヴァンパイアを封殺するお遊びのためのものですが、「ディパーチャー」への対処や、メタルバットの死亡時発動スキル「バフブレイク」or「マジックブレイク」を封じる方法などは、スパークショックを用いた戦法にも応用できます。

戦利品 Edit

シャドウアンク
効果 Edit
黒属性軽減
入手 Edit
ヴァンパイア&メタルバットの撃破

DB更新: 2017-06-22 19:33:09

(表示されているデータは記事の日付よりも新しいです)

目標項目 Edit

今日の戦闘にて達成した目標項目は――

  • リジェを入れてヴァンパイアに勝利: 5点

――です。

――というところで、今日の攻略日記を終わります。


今日は、Act.10「過ち色の記憶」のボス敵「ヴァンパイア」&「メタルバット」を撃破しました。

Amazon.co.jpアソシエイト