『ひびかけ色のキセキ』の攻略日記/Fuga/2017-05-09

スポンサーリンク

ひびかけ色のキセキ』のプレイ日記、68日目


昨日は、Act.11「灯籠をみずに流して」のボス敵「デス」を撃破しました!


今日は、Act.12「なほあまりある今」の導入部を読みました。

リジェ先生の故郷と魔法学校とを繋ぐ海底トンネル Edit

Act.11「灯籠をみずに流して」にてリジェ先生たちが歩いていたのは――

  • リジェ先生の故郷の島と魔法学校とを繋ぐ海底トンネル

――でした。

ソラ

ふーん…… 眉唾だったけど

リジェの親父さんの隠し洞窟 まさか、学校の地下に繋がってたなんてね

Cited from ひびかけ色のキセキ
リジェ

父さんの手記を見たら載ってたんだ

魔者の存在もここから 探りを入れていたみたい

Cited from ひびかけ色のキセキ

こんなトンネルがあって秘密裏の行き来が可能であったがゆえに、リジェ先生の故郷の島は魔法学校の研究者の毒牙に掛かってしまったのでしょうね。

地下研究所 Edit

魔者「デス」を撃破し、リジェ先生一行が侵入したのは、魔法学校地下の研究所。 それまでの天然の洞窟の光景とはガラリと変わり、カッチリしたコンクリートと金属製の内装となっています。

とはいえ、ここはまだ、魔法や魔者とは関係のない施設。 打ち砕くべき魔法学校の野望の核心に迫るには、更に奥を目指さねばなりません。

ソラ

ここは、ただの研究施設だよ 魔法とは関係ない一般的なものだから

首を突っ込んでもたいしたものは 出てこないよ、たぶん

Cited from ひびかけ色のキセキ

しかし、魔法学校の地下にありて、魔法との関係がない一般的な研究施設となると、いったいどういった分野の研究を行っているのか気になります。

魔法学校は現在、攻め入るに最適なタイミング Edit

魔法学校軍に属しているソラ曰く、現在の魔法学校は総大将たる「学校長」を失い、攻め入るには最適のタイミングだそうです。

魔法学校は敵国との戦争の敗戦処理に追われ、地下研究所の防衛に全力を傾ける余裕はない模様。

ソラ

表のゴタゴタをまとめあげられる 人材なんて、この学校に残っていないよ

Cited from ひびかけ色のキセキ

なお、此度の戦争において、魔法学校軍は緒戦にて総大将を失うという大失敗を犯していたようです。

リジェ

学校長って戦争で大将をしていた 一番、偉い人でしょ?

Cited from ひびかけ色のキセキ
ソラ

そうだよ あたしが退却した時にはもう行方知らず

戦争で巻き添え食らって とっくにいなくなってるのかもしれないね

フフ……、バカな話だよね 戦争起こした元凶が真っ先に倒れるなんてさ

Cited from ひびかけ色のキセキ

怯えるシイナの手を握るリジェ先生 Edit

いくら魔法学校の現状がガタガタであるとはいえ、敵の本拠地へと踏み込んだことで強い緊張状態にあるシイナ。

そんなシイナのために、リジェ先生はシイナの手を握ります。

リジェ

えいッ

Cited from ひびかけ色のキセキ

手の震え 握っていると少しは安心するでしょ?

Cited from ひびかけ色のキセキ

勇気を奮い立たせ、シイナたちは魔法学校秘蔵の「黒水晶」を目指して先へ進みます。

――というところで、今日の日記を終わります。


今日は、Act.12「なほあまりある今」の導入部を読みました。

Amazon.co.jpアソシエイト