『ひびかけ色のキセキ』の攻略日記/Fuga/2017-05-21

スポンサーリンク

ひびかけ色のキセキ』のプレイ日記、80日目


一昨日は、Act.13「ひびかけ色のキセキ」のボス敵「デーモン」を撃破!


今日は、Act. 13 のボス戦後の出来事、Act.14「旅路の果て」の導入部を見ます。

Act.14「旅路の果て」 Edit

大きな地震の発生 Edit

激闘の末「デーモン」を撃破したリジェ先生一行。

しかし、その直後、大きな地震が発生し、水晶の洞窟のあちらこちらがひび割れ始めます。 「デーモン」が最後の力を振り絞って起こした地震なのでしょうか。


鋭く割れた水晶の破片が降り注ぐなか、地に伏せて身を守る6名。

その間も、水晶洞窟の崩壊はエスカレートし、遂には地割れまでもが発生します。

  • リジェ先生
  • シイナ
  • ミシェル会長
  • ソラ

――の四人は、地面の裂け目へと飲み込まれていきました……。

ルネさんとエリシャさん、ミシェル会長とソラ Edit

地震が収まったあと――

  • 地震を耐えきったルネさんとエリシャさん
  • 地割れに呑まれたミシェル会長とソラ

――の二組は、洞窟からの生存を目指し、それぞれに行動を開始しました。

ミシェル会長とソラは、地割れに呑まれて洞窟の深部へと脱落してしまったものの、幸い、天然の道が奥へと続いています。 運が良ければ、「デーモン」と戦った道まで合流できるかもしれません。


しかし、リジェ先生、そしてシイナの消息は描写されません。 大丈夫だと思いたいですが……。

因縁の魔者との出会い Edit

ミシェル会長と一緒に洞窟を進むソラ。

すると、その道中、ソラは因縁の魔者と出食わし、間を置かずに激しい戦闘が始まりました。

ソラはミシェル会長にそうとは言いませんが、きっとこの魔者は、ミシェル会長の探し求める妹のマリーなのでしょう。


かつて、魔法学校と「黒水晶」によって、ソラは魔力を吸い取られ、マリーは魔者へと姿を変えられました。

ソラの本来の魔力さえあれば、魔者になったマリーを鎮圧することもできたのでしょうが、欠乏した魔力をエーテルドリンクで補っている今のソラでは、目の前の魔者にまるで敵いません。

魔者に圧されるソラ。 すると、ミシェル会長は、かつてソラのエーテル欠乏を緩和してみせた際と同様に、自身の魔力をソラへと注ぎ込みました。 しかも、今回は、ミシェル会長の持つすべての魔力をソラへと譲渡します。


ミシェル会長の魔力を受け取ったソラと、意識を失ったミシェル会長。

ソラ

ミシェルは…… 本当に、バカだよ

絶対に負けられなくなっちゃったじゃない

Cited from ひびかけ色のキセキ

フフ……、泣いても笑っても 本当に本当の最後だね

あたしは絶対に負けない

あたしは、学校始まって以来の 最強で最高の天才魔法使いなんだ

それに……

今のあたしにはミシェルの魔力も宿ってる

こんなに、身体が軽いのなんて いつ以来だろう……

絶対に負けられないんだ

あたしと、ミシェルのこの力で あんたを……

倒してみせる!

Cited from ひびかけ色のキセキ

ソラと、おそらくはマリーが変じた魔者との、決戦が始まります。

――というところで、今日の日記を終わります。


今日は、Act.14「旅路の果て」の導入部を読みました。

Amazon.co.jpアソシエイト