『ひびかけ色のキセキ』の攻略日記/Fuga/2017-06-04

スポンサーリンク

ひびかけ色のキセキ』のプレイ日記、94日目


一昨日は Act. 15 「チャレンジステージ」第1の敵「パンドラボックス」を撃破しました。


今日は Act. 15 「チャレンジステージ」第2の敵「エンジェル」の撃破について。

エンジェル Edit

大きな白い翼と金色の長い髪を備え、頭の後ろに後光を負った「エンジェル」。

エンジェルの能力値 Edit

前回の敵「パンドラボックス」同様、エンジェルも「Book」メニューに登録されない敵であり、正確な能力値は不明です。

とある戦闘での能力値は――

HP
1000
ATK
65
DEF
54
AGI
23
HIT
66
EVA
55
Features
  • 「白」属性軽減
  • 「呪縛」ステート無効

――となっていました。

パンドラボックスとの比較では、ATKとAGIとHITの値はより高く、DEFの値はほぼ同値、HITの値は劣ります。

「白」属性ダメージを軽減するため、ミシェル会長にとってはやや扱いづらい相手でしょう。

エンジェルのスキル Edit

Edit Skill Edit
エンジェル?
  • ラディエーション+ (詠唱なし, 敵単体にダメージ)
  • ウォーターヒール (自身のHPを全回復)

DB更新: 2017-06-21 20:23:49

(表示されているデータは記事の日付よりも新しいです)

エンジェルは、「ラディエーション+」と「ウォーターヒール」を交互に使用してきます。

エンジェルの「ウォーターヒール」は効果量が果てしなく高く、エンジェルのHPを9000以上も回復してしまいます。 エンジェルのHPは1000なので、全回復して余りある値です。

戦闘メンバー Edit

エンジェルは、基本的に「パンドラボックス」と同様の戦法で倒すことが可能でした。

ただし、「パンドラボックス」の「魔力解放+」と比較して、「ウォーターヒール」の詠唱時間はやや短いうえ、エンジェルは「ウォーターヒール」に固執せず「ラディエーション+」も使用します。 そのため、「スキルキャンセラー」戦法よりも、ダブル「エレクトロチェーン」戦法の方が安定度は高い印象でした。

プランA: ダブル「エレクトロチェーン」作戦 Edit

  • ミシェル, Lv. 11
  • マリー, Lv. 11, アタックリング
  • ソラ, Lv. 15, アキュレイトリング

装備スキルは――

ミシェル
エレクトロチェーン
Lv. 6
マリー
ダークフォール(ブラックホール)
Lv. 6
アタックコード
Lv. 5
ソラ
エレクトロチェーン
Lv. 6
エナジーコード
Lv. 5
ヒットコード
Lv. 5

――とします。

役割は――

ミシェル
マリー
  • ひたすら「ダークフォール」でダメージを与え続ける。
ソラ

攻略 Edit

やることは、パンドラボックス戦とまったく同様です。


エレクトロチェーン」によるステート「拘束」のあいだは、原則的に、敵へのスキル成功率が100%に、クリティカル率が0になります。

まずは、「アキュレイトリング」と「ヒットコード」を最大限積んだソラが最初の「エレクトロチェーン」を成功させます。

そして、ソラのMPが減ってきたら、ミシェル会長がスキル成功率100%の「エレクトロチェーン」を使用し、ソラを解放。

その後、ソラは「チャージ」を一回行い、MPを 45したら、再び「エレクトロチェーン」を使用し、ミシェル会長を解放。 さらにその後、ミシェル会長は「チャージ」を一回行い、MPを 45したら、再び「エレクトロチェーン」を使用し、ソラを解放。 これを交互に繰り返します。


ソラはスキルLv.5「エナジーコード」によって、ミシェル会長は「リペアヒーラー」によって、いずれも「チャージ」によるMP回復量が45となっています。

そんな二人が交互に「エレクトロチェーン」を引き継ぎ合えば、どちらのMPもそうそう尽きることはありません。


ソラによる最初の「エレクトロチェーン」が成功すれば、あとは、敵には何もさせず、撃破することが可能です。

プランB: 「スキルキャンセラー」作戦 Edit

パンドラボックスと異なり、エンジェルは「ウォーターヒール」の詠唱に固執しません。

エンジェルが「ラディエーション+」を使用する際には、しっかりキーボードXキーを押下し、リアルタイムガードを成功させましょう。


マリーの備える「スキルキャンセラー」を活用し、「エンジェル」の「ウォーターヒール」を封じ、HPを回復させないようにする戦法です。

  • ミシェル, Lv. 11, スピードリング
  • マリー, Lv. 11, アタックリング
  • エリシャ, Lv. 14

装備スキルは――

ミシェル
エレクトロチェーン
Lv. 6
マリー
ダークフォール(ブラックホール)
Lv. 6
アタックコード
Lv. 5

――とします。 もしも、ラディエーション+による被ダメージが不安ならば、ミシェル会長に「リジェネレーション」を装備してもらい、手すきの際に使用してもらうとよいでしょう。

役割は――

ミシェル
  • エレクトロチェーン」によって、「ウォーターヒール」詠唱中のエンジェルにステート「拘束」を付加。「スキルキャンセラー」を成功させるための時間を稼ぐ。
マリー
  • ヒット数が6のスキルLv.6「ブラックホール」で、「スキルキャンセラー」の発動を狙う。
エリシャ
  • ミシェル会長に対して、「スナイパーズアイ」付き「リンケージ」を行い、ミシェル会長の「エレクトロチェーン」を必中させる。
  • 敵がステート「拘束」時以外は、マリーに対して、「スナイパーズアイ」付き「リンケージ」を行い、マリー会長の「ブラックホール」を必中させる。

攻略 Edit

エンジェルの詠唱中 Edit

「ウォーターヒール」の詠唱時間は、パンドラボックスの「魔力解放+」のそれと比較してやや短いため、詠唱中の「スキルキャンセラー」の試行回数が減ってしまいます。

そこで、万全を期すため、ミシェル会長には「エレクトロチェーン」を使用してもらい、妹マリーの「スキルキャンセラー」が成功するまで、エンジェルの動きを封じてもらいましょう。


しかし、HITの値が低いミシェル会長では、「エレクトロチェーン」の成功率が10%ほどしかありませんでしたので、まず、エリシャさんの「スナイパーズアイ」付き「リンケージ」によって、ミシェル会長の魔法を必中化。

そして、エンジェルの詠唱は、「エレクトロチェーン」によってステート「拘束」が付加されたことで一時停止されるため、その間にマリーはヒット数6の スキルLv. 6「ブラックホール」を撃ち込み続け、「スキルキャンセラー」を成功させます。 そうしてスキルキャンセラーを成功させ続ければ、エンジェルはHPの全回復手段を失い、勝利への道が見えてくるでしょう。

なお、ステート「拘束」の付加された敵へのスキル成功率は100%なので、ここでは、マリーに対するエリシャさんの「スナイパーズアイ」は不要です。 とはいえ、「エレクトロチェーン」中のミシェル会長には「リンケージ」をしても無意味なので、エレクトロチェーン最中のエリシャさんの「リンケージ」対象は、やはりマリーとしておきましょう。


ミシェル会長のMP節約のため、「スキルキャンセラー」が成功次第、キーボードAキーを押下して、「エレクトロチェーン」を解除します。

エンジェルの詠唱中以外 Edit

エンジェルの詠唱中は、上記のとおり――

  • ミシェル会長が「エレクトロチェーン
  • マリーが「ブラックホール」
  • エリシャさんが「リンケージ」

――という行動でOKです。

しかし、それを繰り返すのみでは与ダメージに乏しく戦闘が長引くため、エンジェルの詠唱中以外にも、マリーは「ブラックホール」で攻撃を続けます。 そのためにも、エリシャさんの「スナイパーズアイ」付き「リンケージ」をマリーに使用し、マリーの魔法を必中化。

ミシェル会長には、当人のMPを「チャージ」で回復してもらいましょう。

バーサーカーソウル Edit

今回の戦闘も、マリーの役割は「ブラックホール」を繰り返すことのみなので、もしも、パッシブスキル「バーサーカーソウル」が働いてしまっても、問題なく勝利できました。

これでもし、「バーサーカーソウル」に、攻撃性能アップの副作用があれば、嬉しかったのですが。

――というところで、今日の攻略日記を終わります。


今日は Act. 15 「チャレンジステージ」第2の敵「エンジェル」を撃破しました。

エレクトロチェーン」はやはり超・有用な魔法です。

Amazon.co.jpアソシエイト