『ひびかけ色のキセキ』の攻略日記/Fuga/2017-06-07

スポンサーリンク

ひびかけ色のキセキ』のプレイ日記、97日目


昨日は、Act. 15 「チャレンジステージ」第4の敵「メガラット」の群れを撃破しました。

高Lv.の「フロストシールド」と「ポイズン」の組み合わせは強力です。


今日は――

――についての発見を書きます。

フロストシールド中には、リアルタイムガードは無効 Edit

昨日の「メガラット」とのギリギリの戦いは鬼気迫るもので、本作の戦闘の中でももっとも刺激的なものでした。


試行錯誤の中、少しでも生き残る確率を高めようと、「オートガードリング」を装備して挑んだこともありましたが、思うように生存率が高まりません。

それもそのはず、実は「フロストシールド」によるステート「障壁」の内側では、リアルタイムガードが意味をなしていなかったのです。

よって、リアルタイムガードを自動で成立させてくれる装備品「オートガードリング」も、フロストシールドとの組み合わせでは力を発揮してくれません。


逆に言えば、「フロストシールド」の有効なあいだはリアルタイムガードが意味をなさないため、リアルタイムガードを意識することなく自由に振る舞うことができるとも言えます。

特に、5匹もの「メガラット」からの攻撃を受ける中で、 APを消耗するリアルタイムガードなどしていては、APがまともに100に至らず、身動きも取れません。

よって、メガラット戦にて、リアルタイムガードの必要ない「フロストシールド」を活用するのは、良い選択と言えるでしょう。

バーサーカーソウル中には、与ダメージが低下する Edit

マリーのパッシブスキル「バーサーカーソウル」は、戦闘開始時にランダムに発動し、一つの戦闘のあいだマリーが制御不能に陥ります。


私は、てっきり、「バーサーカーソウル」のデメリットはマリーの行動を指示できなくなることだけかと思っていましたが、昨日の戦闘中、マリーの攻撃の与ダメージが低下していることを発見しました。


スキルLv.6の「レイ」を、ATKの値55のマリーが通常に使用すると、メガラットへの与ダメージは65ほどでした。

しかし、バーサーカーソウル中のマリーが使用した場合は、「レイ」のスキル名は低Lv.バージョンの「セイントビーム」となり、与ダメージも45ほどに留まります。

どうやら、バーサーカーソウル中には、魔法を正しく使用する知力も損なわれるようです。


なお、「黒」属性魔法「ブラックホール」の場合も、バーサーカーソウル中には名称が低Lv.バージョンの「ダークフォール」となりましたが、ヒット数はスキルLv.6「ブラックホール」同様6回となっています。

また、こちらはに関しては与ダメージは「ブラックホール」とバーサーカーソウル中の「ダークフォール」で違いはありませんでした。


とりあえず――

――という状況です。

――というところで、今日の日記を終わります。


今日は、スキル「フロストシールド」「バーサーカーソウル」についての発見を書きました。

Amazon.co.jpアソシエイト