『ひびかけ色のキセキ』の攻略日記/Fuga/2017-06-21

スポンサーリンク

ひびかけ色のキセキ』のプレイ日記、111日目


昨日は、Act.16「現し世の鏡を開いて」の道中で習得したスキルについて書きました。


今日は、Act.16のボス敵の能力値とスキルについて。

ボス敵「アリスシンドローム」&「ロストボーイ」 Edit

Act.16のボス敵は「アリスシンドローム」&「ロストボーイ」という2種の魔者。

「アリスシンドローム」は、シルフのお供として出現したフェアリーの色違い。

「ロストボーイ」は長弓を構えた長髪のエルフ。


章題の「現し世の鏡を開いて」というのは、鏡の国のアリスが元ネタなのかもしれません。

能力値 Edit

とある戦闘での「アリスシンドローム」と「ロストボーイ」の能力値は――

アリスシンドローム
HP
650
ATK
62
DEF
61
AGI
36
HIT
72
EVA
56
Features
  • 「HITアップ」249ターン
  • 「EVAアップ」249ターン
  • 「ATKアップ」249ターン
  • 「DEFアップ」249ターン
  • 「AGIアップ」249ターン
  • 「暗闇」ステート無効
ロストボーイ
HP
850
ATK
56
DEF
52
AGI
32
HIT
74
EVA
52
Features
  • 「暗闇」ステート無効

――となっています。

なお、「ロストボーイ」にはステート「暗闇」が効かない他、「エレクトロチェーン」によるステート「拘束」も、何度試しても成功しませんでした。


HPは「アリスシンドローム」の方が低いため、「アリスシンドローム」を先に仕留めると楽でしょう。

ただし、「ロストボーイ」は「アリスシンドローム」を失うことを契機に強烈な攻撃を使用してくるので、パッシブスキル「スキルキャンセラー」は必須。

スキル Edit

Edit Skill Edit
アリスシンドローム?
  • オールアップ (詠唱なし, 自身の全能力値をアップ)
  • フロストシールド (詠唱なし, 味方全体にステート「障壁」(+100)を付加)
  • 魔法反射シールド (詠唱なし, 自身にステート「反撃」付加)
  • アヴァランチ (反撃, 敵全体に「冷気」属性のダメージ)
  • ラディエーション+ (詠唱なし, 敵単体にダメージ)
  • シャイニーハート (味方全体の戦闘不能を回復)
ロストボーイ?
  • レベルダウン (詠唱なし, 敵全体にステート「退行」付加)
  • シールスタンプ (詠唱なし, 敵単体にステート「封印」付加)
  • ランブルアタック (詠唱なし, 敵2体に2回ずつダメージ)
  • ポイズン (敵全体に確率でステート「猛毒」付加)
  • オールアップ (詠唱なし, 自身の全能力値をアップ)
  • アリスマジック (敵全体にダメージ)

DB更新: 2017-06-21 20:23:49

アリスシンドロームは、ロストボーイが戦闘不能になると「シャイニーハート」を使用して、ロストボーイを復活させます。

ロストボーイは、アリスシンドロームが戦闘不能になると「アリスマジック」を使用して、プレイヤー側全体のHPをまるごと奪い去ります。

ただし、「シャイニーハート」も「アリスマジック」も、長めの詠唱時間があるため、ルネさんやマリーの備える「スキルキャンセラー」にとっては良いチャンスとなる筈。


ロストボーイの「シールスタンプ」を、プレイヤー側の「フロストシールド」担当者に受けると、非常に危険です。 できれば、「フロストシールド」担当者には「ルーンシンボル」ないし「シールシンボル」を装備させておくか、「フロストシールド」担当者を2名以上用意したいところ。

明日は「アリスシンドローム」と「ロストボーイ」の撃破を目指します。

Amazon.co.jpアソシエイト