『Ib』の攻略日記/Fuga/2015-08-12

スポンサーリンク

『Ib』プレイ日記、67日目。2周目としては、28日目

主人公のイヴは、現在、真・ゲルテナ展、受付カウンターのノートの前です。


昨日は、「真・ゲルテナ展」の北側、青–赤の展示室を見て回りました。


今日は、更に北側に進み、地下美術館の灰–橙のエリア美術品の展示室を見に行きます

進行状況の読み込み Edit

「ファイル 11」を読み込みます。「ファイル 11」の状態は「ep 1 ■ 5」。同行メンバーはイヴのみ。

灰、紫、茶、橙 Edit

真・ゲルテナ展の受付カウンターの部屋から北に進むと、そこには { 青, 緑, 黄, 赤 } のトビラが見えてきます。 そして、更に北に進めば、 { 灰, 紫, 茶, 橙 } のトビラが見えてきます。


今日は、灰–橙のエリアの収蔵済みの美術品をリストアップすることで、そこから逆算して、未収蔵の美術品も洗い出します。

メアリー Edit

灰–橙のトビラの前には、メアリーが居ました。 きっと、2周目にて「ED いつまでも一緒」を見たことによって、真・ゲルテナ展に現れたのでしょう。

同様に、ギャリーさんが真・ゲルテナ展に居るのは、1周目にて「ED 再会の約束」を見たためでしょうね。


メアリーとも、幾つかの雑談を交わすことができます。

その中で判ったことですが、メアリーの将来の夢は――

メアリーの将来の夢
おひめさま
絵を描く人
お菓子屋さん
宝石屋さん

――だそうです。すごくカワイイですね。 イヴの家の子どもになったメアリーは、将来上記の職業に就けるかもしれません。 「おひめさま」だけは難しいでしょうけど。

灰の展示室 Edit

収蔵済みの美術品
絵画
オブジェ
未収蔵の美術品
オブジェ
悲しき花嫁の右手

悲しき花嫁の右手」を調べ損なっていました。3周目では忘れずに調べます。

紫の展示室 Edit

収蔵済みの美術品
絵画
オブジェ
未収蔵の美術品
絵画

どうやら、ギャリーさんが美術品を調べても、真・ゲルテナ展には登録されないようです。

イヴとギャリーさんが合流した後で、再度調べないといけないということでしょうね。

茶の展示室 Edit

収蔵済みの美術品
絵画
オブジェ
  • 虹の橋
  • 倒れたマネキン・ヘッド
未収蔵の美術品
絵画

果たして、カワイイ目の映し出される、緑色の板のタイトルは、「ゲルテナ作品集 目」にあった「??な視線」なのかどうなのか。

橙の展示室 Edit

収蔵済みの美術品
絵画
オブジェ
未収蔵の美術品
絵画
  • 「???」 (緑色のナニかが描かれた絵画)
  • 「???の血」
  • 「??の彼方」
  • 「?れ落ちる星空」
オブジェ
  • 「??」 (赤黒いナニか)
  • 「??な双子」

ギャリーさんが一緒じゃなかっただけあって、取りこぼしが多いですね。 3周目では、ギャリーさんと一緒に黒の美術館地下に行きたいです。

灰–橙のエリアの未収蔵の美術品がまとめられました。


明日は、真・ゲルテナ展を更に北に進んで、藍緑のエリアと黒のエリアの美術品を見てみます。

Amazon.co.jpアソシエイト