『Ib』の攻略日記/Fuga/2015-08-16

スポンサーリンク

『Ib』プレイ日記、71日目。3周目としては、3日目

主人公のイヴは、現在、黒の美術館、受付カウンターのノートの前です。


昨日は、ギャリーさんを生かしたまま、「Sketchbook」の世界を突破しました。


今日は、ギャリーさんと一緒に黒の美術館の地下、橙のエリアを調査します。

今日調べたい美術品は――

橙のエリア
絵画
  • 「???」 (緑色のナニかが描かれた絵画)
  • 「???の血」
  • 「??の彼方」
  • 「?れ落ちる星空」
オブジェ
  • 「??」 (赤黒いナニか)
  • 「??な双子」

――です

進行状況の読み込み Edit

「ファイル 13」を読み込みます。「ファイル 13」の状態は「ep 5 ■ 1」。同行メンバーはイヴとギャリーさん。

「Sketchbook」の世界のおもちゃ箱にてダメージを受けたままでした。黒のエリア(前半)の花瓶で回復します。

絵画「既視感 Edit

絵画「???」は、「既視感」という題名の絵画でした。

黒の美術館の地下に降りる際、ギャリーさんが、この階段を既に下りたことがあるような感覚を覚えていましたが、そのことと関係あるのでしょうか?

大ヘビに怯えるギャリーさん Edit

ギャリーさんを居眠りする大ヘビくんに会わせてみたところ、ギャリーさんはヘビの大きさに怯えています。 大ヘビくんに対して物怖じせずにシッポを引っ張るイヴの豪胆さとは対照的です。

絵画「見世物の血 Edit

絵画「???の血」は、「見世物の血」という題名の絵画でした。

黒っぽい緑色の絵画ですが、緑色を血液を持つ見世物が絵画の題材ということでしょうか。

オブジェ「執拗な双子 Edit

食人植物「??な双子」の題名は「執拗な双子」だそうです。 てっきり、凶暴な双子かと思っていました。

さぼり癖のある秒針」とギャリーさん Edit

ギャリーさんは、オブジェ「さぼり癖のある秒針」を一目見て、それが時計であると見抜きました。 私は初見では、ただの巨大なオブジェだと思ったものです。

絵画「晴天の彼方 Edit

絵画「??の彼方」は「晴天の彼方」という題名の絵画でした。

難解な「既視感」や「見世物の血」とは違って、わかりやすい作品です。

オイル切れのライター Edit

橙のエリアにある、暗闇の小部屋。

その中を探索する際、ギャリーさんがライターを照明代わりにしてくれようとしましたが、残念ながら、ライターはオイル切れで、着火できませんでした。

凶暴化したメアリーを倒すべく、絵画「メアリー」を燃やす際に、最後のオイルを使ってしまっていたようですね。 むしろ、その分のオイルがギリギリ残っていてくれたことに感謝です。


小部屋の中は、アイテムキャンバスの中の光源」を使って、探索します。

オブジェ「葡萄 Edit

暗闇の小部屋の中の北東に飾られてある赤黒い物体は、果物の「葡萄」が額縁から飛び出しているオブジェでした。 てっきり、グロテスクなナニかかと。

時計の目覚まし」のスイッチを切り替えたら、「さぼり癖のある秒針」に「72391」と入力し、橙のエリアを夜にします。

絵画「零れ落ちる星空 Edit

絵画「?れ落ちる星空」は、「零れ落ちる星空」という題名でした。 コンペイトウの輝く夜空を描いたこの綺麗な作品は、ギャリーさんにも好評です。

コンペイトウをシロアリくんにプレゼントし、お礼に橙のカギを受け取ったら、今日の冒険を終わります。

背負っているコンペイトウにすっかり隠れてしまっているシロアリくんがカワイイです。

確定した美術品 Edit

美術品 Edit 初出ep Edit 区画 Edit 備考 Edit
既視感 ep 5 橙のエリア、序盤の廊下 緑色のナニかが描かれた絵画
見世物の血 ep 5 橙のエリア、食人植物の東 暗い緑色の絵
晴天の彼方 ep 5 橙のエリア、ヘビのシッポの部屋奥 青い空と白い雲の絵画
零れ落ちる星空 ep 5 橙のエリア、ヘビのシッポの部屋奥 金平糖がきらめく夜の空
葡萄 ep 5 橙のエリア、暗闇の部屋、北東 額縁から飛び出す葡萄
執拗な双子 ep 5 橙のエリア、序盤の大部屋、北 ピンク色の花と水色の花。食人植物

DB更新: 2017-03-15 15:38:04

(表示されているデータは記事の日付よりも新しいです)

明日は、ギャリーさんと一緒に藍緑のエリアを探索します。

Amazon.co.jpアソシエイト