『Ib』の攻略日記/Fuga/2015-08-17

スポンサーリンク

『Ib』プレイ日記、72日目。3周目としては、4日目

主人公のイヴは、現在、橙のエリア、眠る「執拗な双子」の西のノートの前です。


昨日は、ギャリーさんと一緒に、橙のエリアを夜にし、「橙のカギ」も入手しました。


今日は、ギャリーさんと、藍緑のエリアに進みます。

今日調べたい美術品は――

藍緑のエリア
絵画
  • 「??の美」
  • 「不眠症の?」
  • 「??の微笑み」
オブジェ
  • 「??の女」
  • 「死後の??」
  • 「誘う宝石箱の??」
  • 「サボテンの?」

――です

進行状況の読み込み Edit

「ファイル 14」を読み込みます。「ファイル 14」の状態は「ep 5 ■ 5」。同行メンバーはイヴとギャリーさん。

オブジェ「環状の女 Edit

オブジェ「??の女」は、「環状の女」というタイトルでした。

ブリッジの姿勢になっている女の手と足が体の下でくっついて、環状になっているからでしょうね。

深海に溺れてしまえ Edit

オブジェ「環状の女」の近くの壁には、緑色のインクでメッセージが書き残されています。

2周目の冒険でここを訪れた際には――

深海を歩く 君へ 愛しい作品たちを どうか忘れないで

Cited from Ib

――という、切ないメッセージでしたが、今回、同じ壁には――

深海に 溺れてしあえ

Cited from Ib

――と、乱暴な文言が書かれています。

このメッセージを書いた時の、ゲルテナの虫の居所が悪かったのでしょうか。


そこから先に進むと、展示場である大部屋になっていますが、そこに置かれている花瓶の数が、2周目の時は2個でしたが、3周目の今回は1個に減っています。 さきほどのメッセージが乱暴になっているのと関係しているかもしれません。

オブジェ「死後の逢瀬 Edit

オブジェ「死後の??」は「死後の逢瀬」というタイトルでした。

イケメン骸骨と人間のラブラブなオブジェには相応しい題名ですね。 この作品の骸骨と人間とには、ナニか壮大なバックストーリーがありそうです。


ギャリーさんは、骸骨のマントがボロボロな点が気になっているようです。 ギャリーさんも、ボロボロのコートを羽織っていますし、きっと、ボロボロ・ファッションには関心があるのでしょう。

絵画「余白の美 Edit

絵画「??の美」は、「余白の美」というタイトルでした。

丸い額縁の中の下の方には花が描かれており、上の方は余白になっている絵画ですが、これは、意図的に余白にしてあるのですね。


ギャリーさんは、手抜きではないかと睨んでいますが。

絵画のピース Edit

藍緑のエリアの床に置かれている「絵画のピース」を調べた際、ギャリーさんは、「絵画のピース」が「絵の具玉」と似ていると指摘しました。 実は、私も、似ていると感じています。 調べると所定の位置にワープするところとか。

棒人間たちの部屋 Edit

棒人間たちの部屋では、赤い棒人間を避けつつ、黒い棒人間をすべて捕まえるわけですが、今回、赤い棒人間が2体に増えています。


花瓶が2個から1個に減っていることといい、全体的に難度が上がってハードモードになっているように思えます。 一体何故?

絵画「不眠症の棺 Edit

絵画「不眠症の?」は、「不眠症の棺」というタイトルでした。

この絵が飾られている小部屋の中で、棒人間たちがお祭り騒ぎをしているため、不眠症になっています。

単眼の微笑みの部屋 Edit

今回も、動く「単眼の微笑み」は、北の壁、右から4列目の最上段でした。 2周目でもそうでしたし、もしかすると、ランダム要素はないのかもしれませんね。

書斎で休憩 Edit

イヴとギャリーさんが書斎に入ると、ギャリーさんが休憩を提案してきました。

さきほど、黒い棒人間たちを追っかけまわしたために、ギャリーさんは疲労困憊しているようです。

絵画「?い」 Edit

居眠りを始めたギャリーさんの近くで、イヴが本棚を物色したりしていると、突如書斎の中が揺れながら明滅するというポルターガイストが発生しました。

ギャリーさんを起こそうにも、ギャリーさんは爆睡していて目を覚ましてくれません。

そして、書斎の揺れの中で、部屋内北東の壁に掛けられていた布が落下し、奥から、絵画「?い」が姿を見せました。

ギャリーさんにタイトルを読んでほしいところですが、ギャリーさんは一向に目を覚ます気配がないので、イヴは一人で、「秘密の部屋」を調査することにします。


イヴが秘密の部屋にて「3羽のカラスと5匹のサカナ」の仕掛けを解いて帰ってくると、 目を覚ましていたギャリーさんは、消えたイヴのことをとても心配していました。

その後、ギャリーさんと一緒に、絵画「?い」を調べてみると、ギャリーさんが、タイトル「覗い」を読んでくれました。 これはたぶん「うかがい」だろうとのことです。

オブジェ「誘う宝石箱の魔窟 Edit

展示場の北東のトビラの奥に居る喋る宝石箱「誘う宝石箱の??」。 そのタイトルは「誘う宝石箱の魔窟」でした。


背後の天体は、左が橙の天体(たぶん火星)。右が緑の天体(たぶん天王星)を選べばOKです。 火星と太陽がやや紛らわしいので注意。

オブジェ「サボテンの園 Edit

オブジェ「サボテンの?」は「サボテンの園」というタイトルでした。

室内にたくさんあるサボテンたちの総称が「サボテンの園」というわけですね。

ギャリーさんを操作 Edit

この部屋では、サボテンの園の迷路を通って、絵画「色彩の暴力」に追われながら再奥を目指します。 その際、プレイヤーは、イヴを操作するギャリーさんを操作するかを選ぶことが可能です。

さきほど、棒人間たちの部屋にて、イヴのバラが赤い棒人間からだいぶダメージを受けているので、ここはギャリーさんを操作することにします。


サボテンの園」を難なく突破し、再奥の巨大な黒バラを破壊すれば、迫り来る「色彩の暴力」は消滅。

イヴに操作を戻します。


なお、ギャリーさんを操作してイヴを調べるとわかることですが、イヴの瞳は赤い色をしているそうです。 なにやら魔性を感じますね。もちろん、悪い意味ではなく。

――というところで、今日の冒険を終わります。


今日は藍緑のエリアにて、すべての「絵画のピース」を集めました。


明日は、黒のエリア(後半)を越え、エンディングに至ります。

確定した美術品 Edit

美術品 Edit 初出ep Edit 区画 Edit 備考 Edit
余白の美 ep 5 藍緑のエリア、展示場北西 丸い額縁に収められた赤い花の絵画
不眠症の棺 ep 5 藍緑のエリア、棒人間の小部屋 不眠症の吸血鬼の絵画
単眼の微笑み ep 5 藍緑のエリア、一つ目の小部屋 一つ目小僧の絵。計60枚ある。
環状の女 ep 5 藍緑のエリア、入り口 ブリッジをする女のオブジェ
死後の逢瀬 ep 5 藍緑のエリア、展示場中央 骸骨と女性のラブラブなオブジェ
誘う宝石箱の魔窟 ep 5 藍緑のエリア、展示場北東のトビラの中 大きな宝石箱
サボテンの園 ep 5 藍緑のエリア、展示場南東の小部屋の床 床に置かれた無数のサボテン

DB更新: 2017-03-15 15:38:04

(表示されているデータは記事の日付よりも新しいです)

Amazon.co.jpアソシエイト