『Ib』の攻略日記/Fuga/2015-08-26

スポンサーリンク

『Ib』プレイ日記、81日目。6周目としては、1日目

主人公のイヴは、現在、真・ゲルテナにいます。


昨日は、最後の美術品、絵画「寡黙な視線」を真・ゲルテナ展に収蔵しました。

藍緑のエリアの書斎にて、「ゲルテナ作品集 目」の当該ページを読むことが条件となっていたようです。


今日からは、残る2つのエンディングを見るために行動します。

進行状況の読み込み Edit

「ファイル 11」を読み込みます。「ファイル 11」の状態は「ep 1 ■ 5」。同行メンバーはイヴのみ。


「ファイル 11」は真・ゲルテナ展に入るか否かを選ぶ状況のデータです。

「ED 忘れられた肖像」の後の、真・ゲルテナ展直前のデータは「ep 0 ■ 0」でしたが、「ED 片隅の記憶」の後では「ep 1 ■ 5」。 EDの種類毎に、「ep」と「■」のリセット後の値の設定がマチマチみたいですね。

残りのエンディング Edit

当Wikiのサーバーを提供してくれているPiyoさんから、残るエンディングに至る道を教えて頂きました。曰く――

  • ギャリーさんの生還条件、不成立。
  • 黄のエリアにて、「とても不吉な 絵」を見る。
  • 灰のエリアにて、備品の破損と賠償に関する張り紙を見る。

――というのが、残る2つのエンディングへの道筋だそうです。 そして、上記の条件を満たした上で、イヴとメアリーが仲良くなっているかどうかで、再度分岐するとのこと。

私は、最近では、備品の破損と賠償に関する張り紙を見ずに先へと進むようになっていたので、私が自力で残りのエンディングを見るのは、かなり困難になるところでした。情報に感謝。


今回は、「とても不吉な 絵」と備品の破損と賠償に関する張り紙を見つつ、ギャリーさんを生還させないようにします。 毎度、ギャリーさんには申し訳ないですが……。

5周目での冒険で確認したとおり、ギャリーさんが青肌人形との鍵探しゲームに敗北するだけならば、ギャリーさんはまだ生還可能でした。 なので、ギャリーさんには、マネキン・ヘッドや青肌人形にキックをしてもらいつつ、鍵探しゲームにも負けてもらいます。

黄のエリア Edit

とても不吉な 絵 Edit

黄のエリアの、「かくれんぼ」の部屋にある7枚の絵の内の1枚「とても不吉な 絵」。

これまでの美術館での冒険から察するに、イヴが逆さまに転落するその絵を見るか否かは、美術館の中での、後の状況に幾つかの変化を及ぼすようです。

  • 絵画「あずかりし真心」が「あずかりし心臓」に変化する。
  • 「Sketchbook」の世界(桃のエリア)の南西区画にて、イヴの人形が吊るされる。
  • 特定のエンディングへの条件となっている。

今日から目指すのは、「とても不吉な 絵」を見ることが条件になっているエンディング。きっと、不穏なエンディングなのでしょう……。 他の条件も、穏やかではありませんし。


ともあれ、かくれんぼの部屋にて、「とても不吉な 絵」を見ておきました。これで、条件の内の1つは達成です。

灰のエリア Edit

吊られたマネキン・ヘッド Edit

灰のエリアにて。

ギャリーさんがマネキン・ヘッドにキックをお見舞いした後、備品の破損と賠償に関する張り紙の部屋に入ると、天井からマネキン・ヘッドが赤い縄で吊られていました。

マネキン・ヘッドからは赤い液体がピチャピチャと滴っており、直下の花瓶に液体が溜まっています。 これでは、この花瓶はバラの回復に使えそうにない[1] です。

[1]
試しに、この赤い液体にバラを活けてみると、元気が 1されました。やっぱり……。

備品の破損 Edit

また、壁の張り紙の内容も――

先ほど お客様の中に 備品を破壊された方が いらっしゃいます 見かけた方は ただちに ご連絡ください

Cited from Ib

――というものに変化していました。

また、その張り紙は壁からは剥がれかかっており、剥がしてみると――

ギャリーは 首を吊って 死ぬ

Cited from Ib

――と、裏の壁に書かれています。なんと不気味な……。 これには、ギャリーさんも不愉快そうです。


このイベントが、エンディングの条件になっているのでしょうね。

ただ張り紙を見るだけでなく、ギャリーさんのキックの後で、張り紙を見に来るのが大事なのでしょう。きっと。

というところで、今日の冒険を終わります。


明日は、メアリーを仲間にし、イヴと仲良しになってもらいます。

同時に、ギャリーさんには青肌人形にキックをしてもらい、生還の芽を摘みます。

Amazon.co.jpアソシエイト