『Ib』の攻略日記/Fuga/2015-08-28

スポンサーリンク

『Ib』プレイ日記、83日目。6周目としては、3日目

主人公のイヴは、現在、茶のエリアの大部屋、ギャリーさんは紫のエリアの大部屋にいます。


昨日は、残る2つのエンディングのための準備を進めました。

現状――

  1. イヴが「とても不吉な 絵」を見る。
  2. ギャリーさんが、マネキン・ヘッドにキック!
  3. イヴとギャリーさんが、備品の破損と賠償に関する張り紙を壁から剥がす。
  4. メアリーとの会話にて――

    1. 「だいじょうぶ?」
    2. 「カワイイ」
    3. 「大丈夫だと思う」

    ――の選択肢を選ぶ。

  5. ギャリーさんが、青肌人形にキック!

――という行動をとっています。

私に本作『Ib』を教えてくれたPiyoさんの話では、上記の行動が、最後の2つのエンディングへのカギになっているとのことですが、果たして……。


今日は、茶のエリアの大部屋にてメアリーとたくさん会話をした後で、残されたED2つの内、片方を見ます。

進行状況の読み込み Edit

「ファイル 7」を読み込みます。「ファイル 7」の状態は「ep 3 ■ 5」。同行メンバーはイヴとメアリー。

錯乱したメアリーから離れない Edit

メアリーとイブの友好のため、ギャリーさんに正体を知られて錯乱しているメアリーから離れず、何度も会話します。

タイミングとしては、メアリーが、パレットナイフで廊下のマネキン・ヘッドを削り続ける場面の後。

メアリーから――

イヴ………

おいてかないで……

Cited from Ib

――と言われたら、メアリーとの会話タイム、スタートです。

ちなみに、メアリーとの会話内容はランダムで変わります。


メアリーと充分な回数[1] 会話をして、友好を高めたら、ギャリーさんを青肌人形たちの小部屋に送ります。

名無しさん -- 2017-12-16 (土) 20:39:00

メアリーは細い廊下みたいなところからでると、はなしかけてくれるらしいけれど・・・

[1]
私は20回会話をしてみました。

ギャリーさんの敗北 Edit

ギャリーさんを敢えて、鍵探しゲームに敗北させます。ごめんなさいギャリーさん。

名無しさん -- 2017-12-16 (土) 20:43:11

みた動画だと、がめんがあかくなっていました。

消える緑のウサギ Edit

さて、イブとメアリーの2人で、青肌人形たちの小部屋に、ギャリーさんを迎えに行きます。

Piyoさんの話では、ここで、ギャリーさんの話し相手の緑色のウサギが消えていれば、新たなエンディングの条件が揃っているとのことです。

名無しさん -- 2017-12-16 (土) 20:45:10

ギャリーさん・・・おかしくなってますよ・・・?

エネ -- 2017-12-23 (土) 17:06:36

たたくか、話かけることができるらしいです。

消えてない緑のウサギ Edit

しかし、緑のウサギが消えていません。ギャリーさんの目の前に、未だ健在。

むむむ。ギャリーさんの生還の芽を摘むだけでは、足りないようですね……。

試行錯誤 Edit

その後、試行錯誤してみた結果、絵画「カサをなくした乙女」の部屋のマネキン・ヘッドを2個余計に破壊、つまり、3個破壊すれば、緑のウサギが消えることが判明しました。

1個余計に破壊、つまり、2個破壊しただけでは、緑のウサギは消えませんでした。


そして、イヴとメアリーがマネキン・ヘッドを余計に破壊すると、茶のエリアの大部屋がマネキン・ヘッドだらけになっていて、私はショックを受けました……。

試行錯誤 2 Edit

なお、「カサをなくした乙女」の部屋のマネキン・ヘッドを2個破壊する代わりの方法も発見しました。

それは、ギャリーさんが天井から下がっている5本のヒモから正解を選ぶ小部屋にて、正解の右隣、つまり5本中、最も右のヒモを引き、天井からマネキン・ヘッドを落として破壊するというもの。 こちらの方法でも、緑のウサギは消えました。

また、長い廊下の終点にてギャリーさんが青肌人形へのキックを自制しても、イヴとメアリーが、「カサをなくした乙女」の部屋のマネキン・ヘッドを2個余計に壊すことで、緑のウサギは消せました。

表にまとめると――

最も右のヒモ 青肌人形 カサをなくした乙女の部屋のマネキン・ヘッド3個 緑のウサギ
引く 蹴る すべて壊す 消える
引く 蹴る 残す 消える
引く 蹴らない すべて壊す 消える
引く 蹴らない 残す 消えない
引かない 蹴る すべて壊す 消える
引かない 蹴る 残す 消えない
引かない 蹴らない すべて壊す 消えない
引かない 蹴らない 残す 消えない

――ということになります。

てっきり、ギャリーさんによる青肌人形へのキックは必須事項かと思っていましたが、そうでもないのですね。

ギャリーさんを叩かないイブ Edit

さて、無事に緑のウサギが消えたので、先に進みます。


青肌人形たちとの鍵探しゲームに破れたギャリーさんが、現実逃避状態に陥っているのはこれまでと同様。

しかし、ギャリーさんに対するイヴの対応には変化がありました。

いつもなら、イヴはギャリーさんに2連続のパンチをお見舞いして、正気を取り戻させるところですが、今回のイヴは、現実逃避の独り言を繰り返すギャリーさんを前にして――

選択肢
ギャリー……?
じっと見つめ返す

――となっています。

「ギャリー……?」を選んで見ました。


しかし、ギャリーさん、イヴに対しては全くの無反応。独り言を続行しています。

メアリーはというと――

出口を 探そう?

ギャリーは 大人だから きっと後から 来るよ!

Cited from Ib

――と、ギャリーさんを置き去りにしたがっています。


その後、イヴのとった行動は、ギャリーさんと同様、美術館からの脱出を放棄し、部屋の床に座り込むというものでした。

イヴと一緒に外の世界に脱出したいメアリーは、必死でイヴを励ましますが、それもイヴには通じません。 頼れる大人のギャリーさんがリタイアしたことで、イヴの気持ちも折れてしまったようです。


仕方なく、メアリーは一人で美術館を脱出することを選びました。 イヴと一緒に脱出したいという思いの強かったメアリーは、とても辛そうです。

メアリーが去った室内にて、ギャリーさんとイヴは座り続けます。


――と、おもったら、直後に部屋のトビラが開き、メアリーが部屋に帰って来ます。

そして、メアリーは言いました――

イヴを置いていくの ヤダ……

はじめての 友達だもん

Cited from Ib

――と。

なんと、メアリーは、イヴやギャリーさんと入れ替わりに外の世界へと脱出することよりも、イヴと一緒に美術館で過ごすことを選びました。

これまでの5周の冒険を通じて、メアリーの夢が外の世界への脱出であることを理解している私としては、メアリーのこの選択には結構、驚きます。


その後、メアリー主催のかくれんぼやお絵かきをしての遊びのアイデアに、現実逃避状態のギャリーさんも乗って来ました。 ギャリーさん、独り言は収まったけれど、どうやら幼児退行を起こしているようです。

一緒に遊びたがっているギャリーさんに対して、メアリーは歓迎ムード。

こんな形ではありますが、なにかとギスギスしていたメアリーとギャリーさんの間にも、和解が成立しました。


メアリーは、「赤い服の女」のような美術館の怪物たちを青肌人形たちの部屋に集めて、イヴとギャリーさんの歓迎会を開きます。 ちなみに、ギャリーさんのオイルライターは、危ないので没収です。

友人を2人も得たメアリーは、外の世界には出られなかったけれど、地下美術館の世界で楽しく暮らすのでした。


そして「ED ようこそゲルテナの世界へ」というエンディング・タイトルも表示されました。 クリアー後のセーブは行えないので、「ED ひとりぼっちのイヴ」と同様、ゲームオーバーの類ということでしょうか。

イヴのお母さんとお父さんは、娘が居なくなってしまってかなりカワイソウですが、そのかわり、メアリーは幸せそうです。

「ED ようこそゲルテナの世界へ」を見て思うのは、メアリーが外の世界に最も期待しているものって、結局のところ、友達、なのでしょうね……。 だから、地下美術館の中で友達が得られたのなら、外の世界に出ないという選択も取り得る。

気になるのは、美術館の怪物たちは、メアリーにとってどういう存在なのか?ということ。 とりあえず、メアリーは、怪物たちを友達とは思っていないようです。

しかし、怪物たちがメアリーの手下なのか? といえば、ところどころで怪物たちがメアリーの行く手を妨害していることもあるので、そうも思えません。

メアリーにとって、怪物たちは、地下美術館での奇妙な同居人という風情なのでしょうか。

というところで、今日の冒険を終わります。

明日は、最後に残されたもう一つのエンディングを探します。 たぶん、メアリーとイヴの友好を少しずつ下げて行けば、エンディングの境界線が測れるはずです。

Amazon.co.jpアソシエイト