『シルフェイド学院物語』の攻略日記/Fuga/2016-07-03

スポンサーリンク

シルフェイド学院物語』のプレイ日記、313日目 製品版の7周目、「美術部」の日記としては5日目


昨日は、シーナと黒のサラがシルフェイド学院1年6組に入学。

そして、対・教頭の作戦会議を行いました。

4月25日(日) Edit

自由行動 Edit

教頭の説得 Edit

高級地区の「ロベルトの家」にて、「教頭の説得」という項目が出現していました。


今はまだ、教頭に勝てる見込みもありませんが、とりあえず、一回行ってみます。

やはり、戦闘に発展 Edit

自宅で素振りを行っていた教頭先生に対し、モモセが新クラス「美術部」のパンフレットを見せようとするも、やはり教頭先生は、戦闘以外は受け付けませんでした……。

教頭いわく――

否、言葉など不要! その力を私に示せ!!

Cited from シルフェイド学院物語

――とのことです。


その後、私と黒のサラが矢面に立ち、教頭先生との勝負に突入するも、結果は惨敗……。

黒のサラは「時空断裂」まで使って奮闘したものの、教頭先生の「多段撃」の前に散りました。


しかし、教頭先生は――

ふん、まだまだヒヨッコだな……

Cited from シルフェイド学院物語

だが、筋はいいようだ……

ならば、さらに鍛錬に励み挑んでくるがよい!!

私はいつでも、ここで待っていよう!!

Cited from シルフェイド学院物語

――と、私と黒のサラの素養を認めてもくれました。

――というところで今日の美術部設立への活動を終わります。


今日は、教頭先生の家に行き、私と黒のサラが教頭先生に叩きのめされました……。

どうにかして、6月末までに、教頭先生を倒さなくてはなりません……。

Amazon.co.jpアソシエイト