『シルフェイド学院物語』の攻略日記/Fuga/2016-09-19

スポンサーリンク

シルフェイド学院物語』のプレイ日記、391日目 製品版の9周目、「魔術人形編」の日記としては23日目


昨日は、「剣道場」の大会に二度参加し、賞品の「神秘の道しるべ」を獲得しました!

3月14日(月) Edit

発光する4つの魔術アイテム Edit

4つの魔術アイテム――

  • 魔王の心臓
  • 太陽の聖印
  • 月の聖印
  • 神秘の道しるべ

――が揃った魔術研究部の部室。

そして、ミケがそれらのアイテムに手を触れたその瞬間、4つの魔術アイテムが眩い光を放ち始めます!


発光の直後、ミケは自身の失われた記憶を取り戻しました。

  • ミケは、黒のサラの力によって異世界より召喚されたこと
  • 黒のサラは、5月の私との決闘に勝利し、用済みになったミケを野に放ったこと

――などです。


そして、ミケよりの好感度が最大値である50まで高まります。

自由行動 Edit

高台にてミケとの「絆」を結ぶ Edit

記憶を取り戻したミケは、何かの話があるとかで、高級地区の「高台」へと私を呼び出します。


ミケは、自身が黒のサラによって創造され、用済みになって野に放たれたことを私に打ち明けました。

そして、シルフェイド島内をあてどなく彷徨っていたところを魔術研究部に救われ、今に至る、と。


そしてミケは、3月31日までの残り少ない時間を、私と共に過ごしたいと言ってきました。

時空能力によって召喚された者のよしみです。できるだけ一緒に居てあげたいところ。

黒のサラとの決闘 Edit

黒のサラとの決闘では――

――にて勝利。

意志Lv.は十分にありますし、体勢は「特攻体勢」にしてあるので、与ダメージは十分です。

4つの魔術アイテムの発光と、黒のサラの出奔 Edit

黒のサラとの戦闘後、私の持ってきた4つの魔術アイテムが発光し、多くの平行世界のサラ・アブシールたちから「黒のサラ」へのメッセージを、「黒のサラ」に見せました。 これまで、サラ・アブシールたちが黒のサラに届けようとするも、黒のサラに届かなかったメッセージたちです。

ミケには失われた記憶を見せ、「黒のサラ」にはサラ・アブシールたちからのメッセージを見せる。 4つの魔術アイテムには、その人が必要とするものを届ける力があるのやもしれません。


「黒のサラ」はこれまで、平行世界のサラ・アブシールたちが皆、「黒のサラ」を無視しているのだと思っていました。

そして、4つの魔術アイテムの力によって真実を知った黒のサラは、取り乱し、呆然としたままいずこかへ出奔します。

――というところで、今日の魔術研究部活動を終わります。


今日は、ミケと黒のサラが、4つの魔術アイテムの力によって真実を知りました。

そして、黒のサラはいずこかへ出奔し、結果的に、公安委員会による逮捕を免れています。

Amazon.co.jpアソシエイト