『シルフェイド学院物語』の攻略日記/Fuga/2016-10-19

スポンサーリンク

シルフェイド学院物語』のプレイ日記、421日目 製品版の10周目、「災害対策本部」の日記としては29日目


昨日は、「災害対策本部編」のノーマルENDに到達しました。

今日は、もう一つのENDを目指す予定でしたが、その前に、クリア評価を確認しておきます。

クリア評価 Edit

エンディング後のクリア評価画面にて「評価を詳しく見る」を選ぶと、サラ・アブシールより――

災対部ノーマルエンド、おめでとうございます!

Cited from シルフェイド学院物語

――との言葉を貰うことができました。

やはり、今回のエンディングは、ノーマルエンドであったようです。

ノーマルエンドをクリアしたら、災対部グッドエンドルートへ行けるようになりますよ。

Cited from シルフェイド学院物語

ノーマルエンドルートでは「仲間」が攻略の上でのキーとなっていましたが、グッドエンドルートでは「主人公の強さ」が重要になってきます。

とはいえ、ここまで来れたプレイヤーさんならきっと大丈夫ですよね?

Cited from シルフェイド学院物語

――とのことです。

作者【Ashi】さまよりの小話 Edit

災害対策本部編では、本編の3クラスにおいて脇役な扱いであった要素を優遇したそうです。

序盤から最強の銃「プレデター」を入手できるようにして、銃の活躍する機会を用意してくれました。

私の場合は結局、銃は「黒のサラ」へのプレゼントとなりましたが……。

イシュテナ先生

本編の3クラスでは、いずれの場合も好感度が上がらないイシュテナ先生。

災害対策本部では、最初から好感度50で開始するようにしたほか、地域戦闘での隊長メンバーになるようにしてくれました。

イシュテナ先生の地域戦闘スキル「人望」で集めた災害対策部員を、トレードで主人公に集めると、地域戦闘が有利に運べる作りになっているそうです。

魅力

本編では、ポテンシャル「交渉」による割引率と、戦闘におけるクリティカル&非クリティカル率くらいにしか役に立たない魅力Lv.ですが、災害対策本部編では、地域戦闘での「最大指揮兵数」に影響するようになっていました。

また、魅力Lv.が高まると、育成コマンド「勧誘」の結果が有利になるそうです。

ファング
  • 「願い」の水晶で人間に変身できるアウル
  • ポテンシャル「交渉」を与えてくれるラクーン

――の二者と比較すると、どうしても見劣りしてしまいがちなトーテム「ファング」。

しかし、災害対策本部編では――

  • 外界との隔絶により、「本屋」が営業停止
  • 異界生命体によるアクアフロートの占拠により、「科学研究所」「生物研究所」が営業停止

――となり、月刊誌やドーピング、肉体改造が使用不可となっていますので、戦闘に特化したトーテムであるファングが活躍しやすくなっています。

また、ファングの抱える自由行動回数の少なさという弱点を補うために、「災対部評価が2倍取得できる」というボーナスも用意されました。

今日は、災害対策本部編、ノーマルエンドのクリア評価を確認しました。

明日は、グッドエンドへと進みます。

Amazon.co.jpアソシエイト