『シルフェイド学院物語』の攻略日記/Fuga/2016-10-27

スポンサーリンク

シルフェイド学院物語』のプレイ日記、429日目 製品版の11周目、「災害対策本部」短期間プレイの日記としては4日目


昨日は、「災害対策本部」の短期間プレイ、シーケンス2を攻略しました。

今日は、シーケンス3の攻略です。

シーケンス3 Edit

地域戦闘 Edit

シーケンス2の時と同様、エージス隊長の地域戦闘スキル「貫通」を活用し、序盤の内から敵本陣の兵数を減らしていきます。

  • 海側進軍路
  • 中央進軍路
  • 本島側進軍路

――のうち、敵が最も寡兵な進軍路へとエージスチームを派遣し、余剰ダメージを「貫通」にて敵本陣に送ります。

なお、進軍路のエージスチームには、主人公チームや狐狩ヨウコチームを同行させると、恐ろしく効果的でしょう。


進軍路の中に無人のものがあり、かつ、敵本陣の兵数がじゅうぶんに少なければ、無人の進軍路へと全隊長を出撃させ、一気に敵本陣を叩きます。

うまくすれば、7月10日(土)の時点でシーケンス3の戦いを終わらせることもできます。


なお、7月10日に戦いを終えても、シーケンス4の開始は7月31日を待たねばなりません。

7月19日, ユーミスさんが隊長として参加 Edit

コマンド「勧誘」を続けた結果、7月19日の時点でユーミスさんが災害対策本部の仲間に加わってくれました。

正攻法でユーミスさんを仲間にするには、ユーミス雑貨店の「ニワトリの置物」を売り切れにしなくてはならず、結構なお金が掛かるはずです。

7月21日, イシュテナ先生から災害対策部員を貰いうける Edit

週に2日の「自由行動」の中で、暇を持て余すことがあれば、イシュテナ先生に会いに行き、「トレード」で災害対策部員を貰い受けましょう。

イシュテナ先生は地域戦闘スキル「人望」により、どんどん島民を災害対策部員として引き抜いてくれますが、如何せんマイナススキル「後方支援」も持っているため、戦闘指揮の方はパッとしません。

そこで、イシュテナ先生の災害対策部員を、地域戦闘スキル「主人公補正」を持つ主人公が受け取ってしまえば、戦力をかなり有効に活用できる、というわけです。


トレードのやり方としては――

  1. イシュテナ先生の「災対部員」を全部選択
  2. 主人公の「災対部員」 を印象イーブンに必要なだけ選択
  3. 「交渉する」を実行

――という工程を繰り返します。

イシュテナ先生は、トレードにおいて、価値的に損をする交渉を行ってくれるため、上記の工程を繰り返すことで、最終的にイシュテナ先生の所持する「災対部員」を4まで減らすこともできます。

7月21日, エージス先生に災害対策部員を送る Edit

地域戦闘スキル「武術運動部」「貫通」を有し、途中で「超支援」も獲得する優秀なエージス先生に、「トレード」にて災害対策部員を送ります。

エージス先生の最大指揮兵数の兼ね合いから、50名ほどを預けておけば良いでしょう。 7月10日時点のエージス先生の最大指揮兵数は41でしたが、部内訓練によって今後多少は向上します。

狐狩ヨウコに送るのも有効 Edit

なお、エージス先生に災害対策部員を送るほか、狐狩ヨウコに災害対策部員を送るというのも有効です。

狐狩ヨウコの地域戦闘スキル「先制射撃」「援護射撃」の効果は兵数の影響を受けますゆえ。

――というところで、シーケンス3の攻略を終わります。


明日は、シーケンス4の攻略です。

Amazon.co.jpアソシエイト