『シルフェイド学院物語』の攻略日記/Fuga/2016-11-21

スポンサーリンク

シルフェイド学院物語』のプレイ日記、454日目 製品版の13周目、「[ぽり0655]FinalChallenge」の日記としては12日目


昨日は、爆発物のプロ「ジョーンズ」を味方につけたほか、シーナとの「絆」を結ぶことができました。


今日は、事件『決戦』を終了させます。

10月10日 Edit

自由行動 (公安委員会) Edit

「放棄地区の地下」へ Edit

「放棄地区の地下」へ行き――

  1. 「扉の情報を持ってきました」
  2. 「爆破のプロを連れてきました」

――を順に選択します。


これで、「開かずの扉」が爆破され、「巨大地下施設」への侵入が可能になります。

巨大地下施設」の攻略 1 Edit

巨大地下施設」の攻略です。

なお、記事「巨大地下施設」に、攻略の詳細を記してあります。


「地下施設警備員」や「ガードメカ」を排除し、巨大な衝突型加速器(collider)の加速空洞にあたる円形の回廊(corridor)――「通路」――まで進みます。

10月15日 Edit

自由行動 (公安委員会) Edit

巨大地下施設」の攻略 2 Edit

巨大地下施設」の攻略の二日目です。


最奥間際の「操作室」まで進んだら、余った行動回数を利用して「資材置き場」と「倉庫」のアイテムを回収し、最後に「中央制御室」に踏み込みます。

中央制御室には「黒のサラ」 Edit

巨大地下施設」の最奥「中央制御室」に居たのは、やっぱり「黒のサラ」でした。

ただし、どうやら、「地歴探求部」で私と一緒に行動している「黒のサラ」とは、別の黒のサラであるようです。 「[ぽり0655]FinalChallenge」の世界のシルフェイド島には、複数の世界の「黒のサラ」が同時に現れているのでしょう。


黒のサラの「次元断裂」の前では、スキル「防御」は役に立たないため――

――という行動を繰り返し、「黒のサラ」を確保。

その後は、私の肉体に格納されていたサラ・アブシールの想いを黒のサラに届け、黒のサラを沈静化させます。


無事に「黒のサラ」を逮捕して、学院の公安委員会には年度末までの休暇が与えられます。 クラスを掛け持ちしているアルバートと私の場合は、純然たる休暇とはいきませんが。

『災い』を阻止し、この世界を救うことに成功しました。

しかし、あくまでたくさんあるうちの1つの災いを解決したに過ぎません。ユウはまだやるべきことがたくさんあるのです。

Cited from シルフェイド学院物語

――と表示されます。

――というところで、今日の FinalChallenge を終わります。


今日は、「公安委員会」として「災い」を解決しました。

残る災いは――

  • 武術運動部の災い
  • 地歴探求部の災い
  • ユーミス雑貨店での真なる魔王

――の三つです。

Amazon.co.jpアソシエイト