『帝国魔導院決闘科』の攻略日記/Fuga/2015-08-19

スポンサーリンク

次の日?

2015-07
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
2015-08
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

『帝国魔導院決闘科』のプレイ日記、69日目 「戦属性」主人公の攻略日記としては、6日目


昨日は、戦属性主人公の4thループにて「Game END」を迎えました。


今日は、戦属性主人公の攻略のまとめです。

極力無駄な手順を削ぎ落した、スマートな攻略を目指します。

ハイスピード攻略 Edit

1stループ
決闘
踊子
{ [1] = 仕込み罠 }
共に過ごす
踊子
44日まで。「不意打ち」伝授。
決闘
蜘蛛
{ [1] = 仕込み罠, [2] = 不意打ち }
精霊甲型
{ [1] = 仕込み罠 }
共に過ごす
精霊甲型
32日まで。「対剣詠唱」伝授。
修練を頼む
蜘蛛
  • 16日まで。体力値を71以上に。
  • 12日まで。「ハイウィンド」伝授。
決闘
熔解体
{ [1] = 対剣詠唱, [2] = 仕込み罠, [3] = ハイウィンド }
青年
{ [1] = 対剣詠唱, [2] = 仕込み罠, [3] = ハイウィンド }
共に過ごす
熔解体
7日まで。「姿勢崩し」伝授。
青年
0日まで。「K-linge」伝授。
2ndループ
決闘
蜘蛛
{ [1] = 仕込み罠, [2] = 不意打ち }
農民
{ [1] = 仕込み罠 }
修練を頼む
蜘蛛
43日まで魔術値 ÷ 2剣術値50以上に。
決闘
魔狼
{ [1] = 対剣詠唱, [2] = ハイウィンド, [3] = K-linge }
樹精
{ [1] = アタック, [2] = 姿勢崩し }
機械
{ [1] = 仕込み罠, [2] = 姿勢崩し }
猫又
{ [1] = 仕込み罠, [2] = 姿勢崩し }
共に過ごす
魔狼
29日まで。「!!!!」伝授。
農民
19日まで。「wwww」伝授。
決闘
聖女
{ [1] = , [2] = , [3] = !!!! }
魔界貴族
{ [1] = , [2] = , [3] = !!!! }
修練を頼む
魔界貴族
決闘
{ [1] = 対剣詠唱, [2] = P.S.S. [3] = 仕込み罠 }
修練を頼む
0日まで。「BehindMask」伝授。
3rdループ
決闘
精霊甲型
{ [1] = 仕込み罠 }
人形師
{ [1] = BehindMask, [2] = 姿勢崩し }
樹精
{ [1] = アタック, [2] = 姿勢崩し }
機械
{ [1] = 仕込み罠, [2] = 姿勢崩し }
猫又
{ [1] = 仕込み罠, [2] = 姿勢崩し }
聖女
{ [1] = , [2] = , [3] = !!!! }
魔界貴族
{ [1] = , [2] = , [3] = !!!! }
修練
魔界貴族
26日まで。剣術値を234以上に。
決闘
旅人
{ [1] = P.S.S. }
半竜
{ [1] = BehindMask, [2] = P.S.S. }
幽霊
{ [1] = wwww }
秀才
{ [1] = BehindMask, [2] = P.S.S., [3] = K-linge }
共に過ごす
幽霊
19日まで。
修練を頼む
半竜
17日まで。「Brullen Drachen」伝授。
幽霊
16日まで。「SoulCradle」伝授。
秀才
14日まで。「全殺し殺し」伝授。
決闘
天才
{ [1] = Brullen Drachen, [2] = SoulCradle, [3] = 全殺し殺し }

――となりました。

戦属性主人公は、時間遡行の回数、わずか2回で鍛錬を終えられます。 これだけ早ければ、主人公の時間遡行に付き合わされる「半竜」も納得してくれることでしょう。

剣術値ばかり鍛える Edit

なんと、戦属性主人公なのに、戦属性の学生とは1日も修練せずに1位になれてしまいます。 むしろ、剣術値の修練ばかりしている感じです。

昨日までの日記では、「樹精」の修練に助けられていましたが、今日のプランでは、樹精は素通りでした。


本作『帝国魔導院決闘科』において、重要な決闘相手を3名挙げるなら、私は――

――を選びたいです。

そして、この3名を倒す上で重要になるステータスは、共に剣術値 必然的に、剣属性の学生である蜘蛛さんや魔界貴族さんと修練する日数が多くなるわけです。

仕込み罠」の有用性 Edit

戦属性主人公の初期技「仕込み罠」は大変有用な術技でした。 仕込み罠」があるおかげで、スムーズに勝ち進むことができ、それが日数の短縮に直結しています。

仕込み罠」を使う上で特に嬉しいのは、「姿勢崩し」と組み合わせることにより、「猫又」に無条件で勝利できる点ですね。 仕込み罠」がなければ、たとえば戦術値を101以上まで鍛えて「不意打ち」を成立させなければならないところです。

術技の申請回数 Edit

各術技の申請回数は――

――となりました。

やっぱり、「仕込み罠」がダントツのMVPですね。 そして、いつも通り「姿勢崩し」も大活躍です。 対剣詠唱」「!!!!」「P.S.S.」も後に続きます。

また、いつもはあまり活用していなかった「K-linge」を役立てられたのが私としては嬉しいです。 青年」は、序盤でも無条件勝利のための術技が揃えやすいですし、「K-linge」はなかなか良い術技だと思いました。

『帝国魔導院決闘科』のまとめ Edit

さて、2015年6月12日から2015年8月19日までの69日間、プレイ日記を書いてきた『帝国魔導院決闘科』ですが、今日の日記をもって、剣属性から虚属性まで、6属性の主人公の鍛錬を制覇し、無事、最終回となりました。

当初は、奇属性主人公をクリアーするまでの攻略日記にしようかとも考えていたのですが、本作『帝国魔導院決闘科』が、あまりにも私の好みにマッチしていたため、気付けば、全ての属性の主人公での鍛錬を達成していました。 本作は、本当に面白い作品です。


最後に、私の感じた、最高難度主人公と最低難度主人公を書いておきます。

まず、最高難度主人公は、魔属性主人公です。 高速詠唱」を用いれば蜘蛛さんに勝利できるというところに気がつかないと、序盤から辛い戦いを強いられることになります。 序盤戦から辛いというのは、精神的に負担が大きいですからね。

そして、最低難度主人公は、なんといっても呪属性主人公でしょう。 レイズソウル」と「S-chmelz」を用いて決闘相手を次々になぎ倒していく感覚は、かなり爽快です。 S-chmelz」さえあれば、「!!!!」も不要というのは、凄まじい。


この日記を読んだ方で、本作を遊んだことのない方が居ましたら、ぜひぜひ遊んでみてください。 その際、初回プレイでは、{ 剣属性, 戦属性, 奇属性, 虚属性 } 、いずれかの主人公ではじめるのがオススメです。 なお、この4つの中では、剣属性主人公が比較的難しい感じを覚えました。

2回目のプレイでは、呪属性主人公がオススメです。 初回プレイでの難度と比較することで、「S-chmelz」の凶悪な性能を実感できることでしょう。

というところで、『帝国魔導院決闘科』の日記を終わります。


ここまで読んでくださったお客さまには、ありがとうございましたと書かせて頂きます。

“長い日記にお付き合い頂き、ありがとうございました。”


また、本作『帝国魔導院決闘科』を公開してくださっている【川崎部】さまにも、感謝の言葉を書かせて頂きます。

“本当に、本当に、面白すぎるゲームを公開して頂き、ありがとうございました。”

次の日?

2015-07
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
2015-08
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

Amazon.co.jpアソシエイト