『UFO A day in the life』の攻略日記/Fuga/2016-05-09

スポンサーリンク

次の日?

2016-04
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
2016-05
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

UFO A day in the life』のプレイ日記、159日目 経費削減プレイとしては34日目


昨日は「ブラックコスモ (205号室)」と「ブラックコスモ (廊下)」の経費削減タイホを行いました。

最終的な私のばっどシーンは13枚


今日は、経費削減モードをクリアーしたことによる、マザーコンピューターからのご褒美に関して日記を書きます。

マザーコンピューターの調べ上げた、地球人に関する調査報告 Edit

私が、コスモセンサーなしでの過酷な撮影任務に従事している間、マザーコンピューターの方は、アパートの地球人たちに関しての調査を進めていたようで、経費削減モードクリアーのご褒美として、地球人たちのプロフィールを公開してくれました。

マザーコンピューターの調査対象は――

101号室関連
マスジマ ゴロウ
酔っ払い地球人。52歳。
ホシ ミツヨ
エプロン地球人。50歳。
ホシ チュウタ
書き物地球人。17歳。

マスジマゴロウは、今でこそしょうもない飲んだくれですが、もともとは写植会社の経営者だったそうです。

102号室関連
ヤマウチ トラジロウ
「おやっさん」。88歳。
フクモト コウイチ
黒服先輩。27歳。
フクモト アキヒコ
黒服後輩。27歳。
ミズムラ サトル
ヒットマン不審者その1。41歳
イシヅカ ジュンゾウ
年長の私服警官。59歳。
???
イヌ頭の私服警官。解析不能。

黒服先輩と黒服後輩は、その苗字と年齢が共通していることからわかるとおり、双子の兄弟だそうです。

ところで、フクモト兄弟の容姿は、漫画家の【福本伸行】が頻繁に描く黒服たちによく似ています。 はたして、フクモトという苗字は偶然でしょうか?

103号室関連
カク チョンジャ
ハッカー地球人。21歳。

ハッカー地球人カクは、台湾からの留学生なのですが、勉学を放り出して、日本政府の秘密回線への不法侵入を試みているそうです。

最終的には、秘密回線への侵入に成功、その日のうちに、刑事に逮捕されました。

本作『UFO A day in the life』の世界の日本国は、何か大きな秘密を抱えているようです。

105号室関連
ハヤシ ヨシヒサ
サングラス地球人。19歳。
マルヤマ アカネ
刈り上げ地球人。21歳。

デブっちょヤンキーのようなヒドイ姿の刈り上げ地球人ですが、サングラス地球人ハヤシの目には、絶世の美形に映っている模様。 謎ですね……。

201号室関連
ノジマ タイチ
サラリーマン地球人。23歳。
ウスダ トモヨシ
ラーメン屋地球人。50歳。

ひょろひょろした印象のサラリーマンノジマですが、学生時代はラグビー選手として活躍していたそうです。

人は見かけによりませんね。

202号室関連
ムラマツ タカシ
画家地球人。38歳。
ミケ
ミケネコ。20歳。

ミケネコこと「ミケ」は、世にも珍しい三毛猫のオス。

203号室関連
プラーダ
シロネコ。4歳。
ツカハラ カオリ
電話地球人。21歳。

シロネコは電話地球人ツカハラの飼い猫ですが、ツカハラが化粧をしてしまうと、別人と思い込み、威嚇してきます。

なお、ツカハラの電話の相手は、別れ話が持ち上がり中の恋人だそう。

205号室関連
グレコ・ヘルナンデス
筋トレ地球人。32歳。

筋トレ地球人グレコは、一見するとゲイのようですが、実は、結婚の経験があり、子供も二人いるそうです。

その他
モリシタ サダム
赤ちゃん地球人。47歳。

家族がある身であり、赤ちゃんゴッコに使用するベビーグッズは、友人の出産祝いと偽って購入しています。 モリシタの19歳の娘は、友人の出産祝いの多さに疑念を抱いているとのこと。

ホシ ミツル
白衣地球人。57歳。

ホシ ミツルは、101号室の書き物地球人ホシ チュウタの生き別れの父であり、かつて日本政府の隠す宇宙人関連の国家機密を知ったため、社会的な死を与えられ政府直属の研究機関にて働かされているとのこと。

――と多岐にわたりました。

経費削減モードをクリアーすることにより、アパートの住民たちそれぞれのいろいろな事情が見えてきます。 アパート住民のファンであれば、ぜひとも経費削減モードをクリアーすべきでしょう。 幸い、この日記にて作成したタッチガイドを参照すれば、さほど難しくはありません。

マザーコンピューターは、地球人の調査報告を終えると――

  • 無駄な長居は経費のムダである

――と、大急ぎでレスキュー隊の本星への帰還を行いました。

これで、本作『UFO A day in the life』は本当に終了。 この攻略日記も、159日目にて簡潔です!


私は5ヶ月ほどにわたって、本作の攻略日記を書いてきましたが、とてもとても楽しい作品でした。 レスキュー隊員たちの姿も本当に可愛くて堪りません。

本作の一番の難点は、入手が難しいだろうというところですが、幸いにして私は、当Wikiのサーバー提供者であるPiyoさんが本作を所持していたため遊ぶことができました。

いずれ本作がゲームアーカイブスで配信されることがあれば、多くの人に遊んで欲しい傑作といえます!

『UFO A day in the life』の思い出

次の日?

2016-04
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
2016-05
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

Amazon.co.jpアソシエイト