『妖刀伝』の攻略日記/Fuga/2016-06-01

スポンサーリンク

2016-05
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
2016-06
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930

フリーゲーム『妖刀伝』のプレイ日記、21日目


昨日は、奥方さまを城下町の酒場に匿うことに成功。

そして、奥方さまを脱出させたことで、「奥方の部屋」のダイヤル式ロックの正解の書かれた「紙切れ」を入手!

剛毅の槍、凛の刀 Edit

剛毅と凛に雑談を持ちかけることで、それぞれの使用している武器に関するお話を聞かせてもらうことができます。

剛毅の「日本号」 Edit

剛毅の使用している武器は、長さ3メートルを超す大槍「日本号」……の模造品だそうです。

宝物蔵に転がっていたものを、勝手に持ち出したとのこと。


「日本号」は九州地方の酒飲み武将【母里友信】が、京都伏見城にて、同じく酒飲み武将である【福島正則】との酒飲み勝負の結果、受け取ったものです。

母里友信は【黒田長政】の家臣であるため、「日本号」を勝ち取った逸話は「黒田節」という題で福岡県の民謡となっています。

酒は呑め呑め呑むならば

日の本一のこの槍を

呑みとるほどに呑むならば

これぞまことの黒田武士(くろだぶし)

Cited from 黒田節

――というものです。


飲んだくれの剛毅がこの「日本号」の模造品を愛用しているのは、「日本号」を持っていると酒豪っぽい、という理由からとのこと。

凛の「長曽根虎徹」 Edit

凛の使用している刀は、「江府三作」と呼ばれる三人の名工のうちの一人【長曽根興里】の作……の模造品だそうです。


長曽根興里の作品は、一般に「虎徹」と称されていますが、「虎徹」はその人気の高さ故に、江戸時代当時より贋作が数多く出回っていたのだそうです。

現存する虎徹は、その殆どが贋作とのこと。


凛は、新選組局長【近藤勇】の弁〈俺がこいつを虎徹にする〉を引用し、自身の刀が虎徹の偽物であっても構わないと言っています。


しかし、近藤勇の弁を引用できるということは、本作の時代設定は江戸時代の末期、ということでしょうか?

Fuga -- 2016-06-05 (日) 01:08:53

なお、〈俺がこいつを虎徹にする〉は、史実の近藤勇による発言ではなく、脚本家【三谷幸喜】によるNHK大河ドラマ《新選組!》のキャラクター近藤勇の弁です。

現在の目的 Edit

現在の目的は、「奥方の部屋」の掛け軸裏に隠されたダイヤル式ロックを解錠し、屋根裏への道を開くことです。

剛毅も凛も、屋根裏に向かうよう助言しています。


しかし、屋根裏に行くより先に、まずは宝物蔵の中身を頂くことにします。

剛毅と「物置」 Edit

剛毅を伴い、真鹿城一階の「物置」を訪れたところ、剛毅から、この「物置」が、以前は剛毅の仕事部屋であったことを聞かされました。

どうやら、剛毅が解雇されたため、剛毅の部屋は「物置」にされてしまったということのようです。

道理で、物置に「ワイン」や剛毅の日記が置かれているわけです。


剛毅は、机の上の日記が、自身のものであると教えてくれます。 また、宝物蔵は裏庭にある、とも。

それでは、裏庭に向かいます。

変装してただけさん -- 2016-06-02 (木) 17:07:48

ここには隠されたお宝が…

Piyo -- 2016-06-02 (木) 20:15:03

コメントありがとうございます。ここはちょっとした難所ですよね。ただこの辺りからはFugaさんに自力で解いて欲しいので、一旦伏せ字に致します。

裏庭の宝物蔵 Edit

裏庭の奥にある小屋の扉に「宝物蔵の鍵」を差し込み、解錠しました。 この小屋が宝物蔵であるというのは本当のようです。

宝物 Edit

小屋の中にある階段を下ると、そこは、宝物の収められた空間になっています。

とはいえ、すでに狼「ポチ」の「ほねっこ」代のために多くの宝物が売り払われた後であるため、蔵の中はいささか閑散としています。

蔵の奥に残されていたのは――

  • 50文の現金
  • 100文の現金
  • 達磨 (50文)
  • 鉄兜 (120文)
  • 十字架 (200文)
  • 熊の置物 (500文)

「熊の置物」などの道具をよろず屋で売却すれば、そこそこのお金になりますが、売却した非売品は買い戻すことができないため、実際にお金が必要になるまでは手元に置いておくこととします。 特に邪を祓ってくれそうな「十字架」は、もしかすると、戦闘中に使えば効果が発揮される局面があるやもしれません。

禁断の千両箱 Edit

宝物蔵の中には、千両箱も置かれています。

しかし、剛毅ポチの世話係をしていた頃、千両箱には触れてはならないと厳命されていたそうです。 いったい、どのような罠が仕掛けられているのか……。

とはいえ、私は、妖刀の魔力の働きか、たとえ死しても死の直前からやり直すことができるため、とりあえず、千両箱を開けてみました。

400万文 Edit

千両箱を開けると、400万文を入手しました。 400文ではなく、4000000文 兵隊長の凛が、1000両が何文にあたるのかを計算してくれたので間違いないはずです。

実績お金持ち」「億万長者」を取得!

お金持ち
所持金が二千文を超える
億万長者
所持金が百万文を超える

しかし、千両箱自体には、なんの罠も仕掛けられていません。 ただのハッタリとは思えませんが……。

ニンジャ登場 Edit

400万文を手に、宝物蔵を後にしようとしたその時、天井から赤い装束の忍者「薫」が現れました。

どうやら、千両箱を開けた者は、この忍者からの攻撃を受けることとなるようです。


忍者「薫」との対決では、最強の男剛毅」と最強の女「凛」、二人の腕前のほどが発揮される……ことはありませんでした。

私たち三人は、赤い忍者の用いる忍法「影縫い」によって身動きを封じられ、忍法「カマイタチ」にて息の根を止められてしまったのです。


瓦版じいから貰った「瓦版:戦闘の心得」によれば、本作の戦闘ではこちらが確実に先手を取れるはずなのですが、この忍者に限っては例外であるようです。

妖刀に封じられた助言者青い人魂も――

先制で影縫いをされたらどうしようもないな。

ある程度妖刀が強ければ、暗示を跳ね返せるかもしれないが……それまでは、まず勝てないだろうな。

Cited from 妖刀伝

――と言っています。

青い人魂の助言に従い、現状、千両箱の中の400万文は潔く諦めることとしました。 お金が400万文もあっても、到底使いきれませんしね。 いずれ、勝機を掴めたら、また宝物蔵を訪れましょう。

変装してただけさん -- 2016-06-02 (木) 17:09:29

影縫いに太刀打ちできるような人がいれば…

Piyo -- 2016-06-02 (木) 20:23:24

こちらもFugaさんのヒラメキが見たいので、一旦伏せ字に致します。

変装してただけさん -- 2016-06-03 (金) 16:22:51

これからはちょっときをつけます…ただしこれからも毎日見にきますよ~!!

Fuga -- 2016-06-03 (金) 21:20:46

応援ありがとうございます! 地道に攻略を進めます!

――というところで、今日の辻斬りを終わります。


今日は、真鹿城裏庭の宝物蔵にて、残っていたお宝を千両箱以外根こそぎ頂きました。

千両箱の中身は赤い忍者「薫」に阻まれて入手できませんでしたが、実績億万長者」は取得できたのでよしとします。

2016-05
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
2016-06
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930

Amazon.co.jpアソシエイト