『妖刀伝』の攻略日記/Fuga/2016-09-12

スポンサーリンク

2016-08
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
2016-09
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

フリーゲーム『妖刀伝』のプレイ日記、124日目 六周目の日記としては、12日目です。


昨日は、『ももとポーチとすなどけい』にて、アイテム「マジックケーキ」をすべて入手しました!

「マジックケーキ」の存在の出処が判明 Edit

七種の「マジックケーキ」をコンプリートし、とある場所に仕込まれた、とある物を読むことで、「マジックケーキ」という物品の出処が判明しました。

ネタバレになってしまうので、詳細は伏せますが、なるほど、と思える情報でした。

また、同時に明かされるその他の情報たちも、一見の価値あり! です。


「マジックケーキ」をコンプリートすれば『ももとポーチとすなどけい』に残されていた謎は、ほとんど解明されるものと思います。 なので、これから、『ももとポーチとすなどけい』をプレイする方は、ぜひぜひ七種の「マジックケーキ」の収集も目指してみると、よいでしょう。 ただし、ヒントなしでのケーキのコンプリートはほぼ不可能と思われますので、まずは一旦エンディングを迎えて、ヒントを得てから挑戦されることをオススメします。


とにかく、『ももとポーチとすなどけい』は、かなり面白い作品です。 私の感性だと、物語としては『妖刀伝』よりもなお好みでした。

ももとポーチとすなどけい』を遊んだ後だと、『妖刀伝』でも、登場人物たちの抱える事情がより深くまで描かれていたらなぁ、なんて思ってしまいます。 特に、ニセ殿の背景はかなり! 気になるところ。 妖刀伝』の作中にて剣士「凛」も疑問を覚えていることですが、どうして、一見して小人物っぽいニセ殿が、優秀な三人官女たちを引き連れているのか? どうして、ニセ殿は戦車なんていうケタ外れた力を求めるに至ったのか?

しかし、『妖刀伝』はパズルゲームのようにサクサクとした楽しみ方をできる作品ですから、遊ぶ人によっては、時間をかけて物語をたっぷり描写されても、あまり嬉しくないということもあるのかもしれません。 それに、すべての謎が綺麗に解明される作品の素晴らしさがある一方で、明かされぬままにされた要素が謎を孕むゆえに魅力を放つ作品もあるのでしょう。想像の余地があるのもまた楽し、です。

かげろう -- 2016-09-13 (火) 00:14:23

コンプリートおめでとうございます。たしかに偽殿まわりの話はもう少し掘り下げてもよかったかもしれません。ただ仰っている通り、ゲーム性との兼ね合いの葛藤もありました。ちなみに僕も物語としては「もも」のほうが気に入っています。

Fuga -- 2016-09-13 (火) 08:34:53

ありがとうございます! 「もも」の物語は、本当に大好きです。

奥方の部屋」に「マロン」ちゃんの携帯電話番号 Edit

「真鹿城・奥方の部屋」の掛け軸の裏、「紙切れ」に書かれた暗証番号を入力するダイヤル式ロックに、「マロン」ちゃんの携帯電話番号を入力してみました。

すると、なんと! 掛け軸裏の装置から、マロンちゃんの携帯電話へと通話が繋がりました!

女の子「もも」の肉体でマロンちゃんと通話 Edit

オカッパ頭の女の子「もも」の肉体で電話を掛けると、マロンちゃんは、『ももとポーチとすなどけい』の主人公「もも」と、『妖刀伝』の女の子「もも」を人違いしていました。


なお、マロンちゃんはこちらに対して――

……ももちゃん? なんか、こえかわった?

Cited from 妖刀伝

――と言ってきます。 そこから分かるのは――

  • 妖刀伝』の主人公は、選択肢を選ぶとき以外は何も喋っていないようでいて、その実、プレイヤーには関知できないながらも、必要に応じて声を発している

――という事実です。

それ以外の肉体でマロンちゃんと通話 Edit

女の子「もも」以外の肉体でマロンちゃんと通話すると、『ももとポーチとすなどけい』本編でのマロンちゃんとのやり取りを一部再演することができます。

ももとポーチとすなどけい』本編では、とある事情から、地下にいるマロンちゃんの持つ携帯電話と通話をする場面があるのですが、そこでマロンちゃんに対し、地下室なのに電波がいいねという旨の言葉を送ると――

あ、そうなの。ちかしつなのにデンパいいでしょ?

Cited from 妖刀伝

――との返事が返ってきますが、「奥方の部屋」の掛け軸裏に、「もも」以外の肉体にて携帯電話番号を入力した場合も、同様のやり取りを行うことができるのです。

なお、『ももとポーチとすなどけい』では、主人公のももちゃんが子ども(5さい)であるゆえか、子どもの味方の発言は、すべて平仮名となっていますが、『妖刀伝』にゲスト出演するマロンちゃんの発言も例外なく平仮名でした。再現度高し。


ともあれ、元気そうなマロンちゃんとお電話できて嬉しかったです。


マロンちゃんのケータイに電話したことで、実績懐かしき親友」を取得!

実績懐かしき親友」の説明には――

前作もプレイしていただけたようで感謝です。

Cited from 妖刀伝

――とありました。

このプレイ日記は、製作者【かげろう】さまも読みに来て頂いているので、ここに書かせていただきますが、私の方こそ、とても面白い『ももとポーチとすなどけい』をプレイさせて頂き、大感謝です。

かげろう -- 2016-09-13 (火) 00:23:15

いえいえこちらこそありがとうございます。平仮名の意味に気付いていただけているあたりがさすがです。

Fuga -- 2016-09-13 (火) 08:39:50

最初は、平仮名に関して、小さい子向けの絵本のような雰囲気を醸し出すための演出なのかと思いましたが、途中、ももちゃんと敵対する登場人物の台詞には漢字が使われていることに気付き、平仮名と漢字の意図を把握することができました。

マロンちゃんの携帯電話番号を得るためのヒント Edit

せっかくなので、『ももとポーチとすなどけい』にて、マロンちゃんの携帯電話番号を得るためのヒントを記しておきます。


マロンちゃんの携帯電話番号は、『ももとポーチとすなどけい』の序盤に入手可能です。

ただし、そこに至るまでに、すこし難度の高い中ボスが存在するため、その対処法を書きます。

  • ももちゃんのママから、300円のお小遣いをもらう。
  • ももちゃんの家の↑の だがしや「駄菓子菓子」 にて、武器「やすものパチンコ」を購入し装備する。
  • ももちゃんの家の↖の「96円ショップ」にて、コショウを必要なだけ購入する。

武器「やすものパチンコ」を装備すれば、中ボスに対してそれなりに高いダメージを与えることができるようになります。

また、戦闘中に「コショウ」を使用すれば、中ボスはくしゃみが止まらなくなり、しばらくはこちらから一方的な攻撃を仕掛けられるでしょう。

もしも勝てなければ、負ける都度にママからの300円を貰い、手持ちの「コショウ」を増やして再挑戦です。


その後は、物語の流れに沿っていけば、そう時間も掛からず、マロンちゃんの携帯電話番号を得ることができるはず。


なお、『ももとポーチとすなどけい』はこちら(【ふりーむ】)からダウンロードすることができます。


ところで、マロンちゃんから携帯電話番号を入手する場所までプレイされた方は、もしかしたら共感して頂けるかもですが、マロンちゃんから番号を教わるあの場所って、【任天堂】の傑作RPG《MOTHER 2 ギーグの逆襲》のあの場所を想起させられますよね?

かげろう -- 2016-09-13 (火) 00:16:21

以前ブログにも書きましたがまさしくその場所です。ポーラ大好きです。というか「もも」は全体的にマザーっぽくしたつもりです。

Fuga -- 2016-09-13 (火) 09:03:18

ブログの「ももとポーチとうらばなし」を読みました! 私もポーラのイベントが好きです。

そして、キカくんはスナフキンみたいだと思ったら、やっぱりスナフキンなのですね。

ランニング・トムは、意味不明な感じが楽しくて大笑いしましたが、ちゃんと存在意義があったとは。

――というところで、今日の実績集めを終わります。


今日は、『ももとポーチとすなどけい』のマロンちゃんのケータイにお電話して、実績懐かしき親友」を取得!

2016-08
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
2016-09
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

Amazon.co.jpアソシエイト