『妖刀伝』の攻略日記/Fuga/2016-09-13

スポンサーリンク

2016-08
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
2016-09
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

フリーゲーム『妖刀伝』のプレイ日記、125日目 六周目の日記としては、13日目です。


昨日は、『ももとポーチとすなどけい』のマロンちゃんのケータイにお電話して、実績懐かしき親友」を取得!

「とある人物を身請けすると……?」の実績 Edit

今日は、「とある人物を身請けすると……?」の実績を取得しました。

遊女「紫」さんの身請け Edit

結論から言うと、とある人物というのは、遊女「紫」さんでした。


「紫」さんは、初めて「遊郭」を訪問するお客さんに対してのみ、冗談半分で、自身を身請けしてはくれないか、と問いかけます。

そして、身請けのためのお金は200両。つまり、80万文です。 ちなみに、真鹿城の「宝物蔵」の千両箱の中身が400万文となります。


80万文を所持した状態で、紫さんの問いかけに対し、身請けすると答えれば――

……え!? そのお金……

え、まさか、本当に私を? で、でもまだ初対面だし、あの、その……

Cited from 妖刀伝

――と、普段は生きるのに疲れた感の強い、気怠げな紫さんも、大いに慌てふためきます。

しかし、それでも結局は――

ご、ごめんなさい。冗談のつもりで言ったんです。

私は、由美さんより先にここを出るわけにはいかないわ。

ありがとう。気持ちだけ、もらっておきます。

Cited from 妖刀伝

――と、花魁「由美」さんを慕う「紫」さんは、「遊郭」に残ることを選びました。

千載一遇の機会を手放してまで側に居ることを望まれるとは、「由美」さんはよっぽど好かれているのですね。


紫さんに断られはしたものの、実績お前が欲しい」を取得!

実績お前が欲しい」の説明には――

紫姉ちゃんはあんまり人気ないけど私は一番好き。

Cited from 妖刀伝

――と書かれていました。 紫さん、人気ないのでしょうか……。


なお、紫さんとの身請け話は、【乗り移り】によって肉体を替えてくれば何度でも再演することが可能です。

紫さんは、何度身請け話を持ちかけられて心を揺さぶられても、頑なに「由美」さんの近くを離れようとはしません。

余談: 「遊郭」の訪問回数による、話題の変化 Edit

「遊郭」では、訪問回数に応じて、遊女や禿(かむろ)の発言が変化していきます。

基本的に、【乗り移り】で肉体を替えると、初回訪問時のお話を聞くことができるでしょう。


遊女たちのお話の内容は――

第一回
朝雲

自己紹介。

お金持ちが通い詰めるよりも、お金のない人が必死にお金を貯めて「遊郭」を訪れる方が好きというお話

自己紹介。

遊女たちの置かれた状況と、身請けのお話。

夕霧

自己紹介。

花魁「由美」さんの人気と人望のお話。

さくら

由美」さんのような花魁を目指しているというお話。

第二回
朝雲

米屋で働く貧しい奉公人が、錦絵に描かれた遊女に一目惚れをし、一年間のお給金から貯金して遊女屋に行くという物語について。

花魁「由美」と謎の男「六助」の話。

夕霧

花魁「由美」以外の遊女が、ありんす言葉を使っていない事情に関して。

さくら

紫姉ちゃんは、あんまり人気ないけどあたしは一番好き!!

Cited from 妖刀伝

――という話。

実績お前が欲しい」の説明文は禿(かむろ)「さくら」の発言だったのですね。

第三回
朝雲

第二回訪問時に聞かせてくれた、遊女と米屋の奉公人との物語の続き。遊女に定められた10年の年季が翌年にも明ける遊女は……。

間を置かずに三度も通うことを優しくたしなめられる。

由美

「奥の間」の扉を開き、自身を殺害させるために客を招き入れる。

夕霧

お客が花魁「由美」さんから声を掛けられたことを受け、由美さんが由美さん自身の殺害を望んでいることを察して口ごもる。

さくら

お客が由美さんから声を掛けられたことを受けて、驚き、はしゃぐ。

――となります。


私は、「遊郭」の「奥の間」に行く場合は、もっぱら遊女「紫」さんとの戦闘によって「奥の間の鍵」を入手していますが、300文を払ってもよいならば、「遊郭」に三度通うことでも「奥の間」に行けるようです。


なお、「紫」さんとの会話に関しては、初回訪問時の身請け話に乗っているか否かで、その後の会話内容に変化がありました。

家臣「清助」は、三度目の「遊郭」訪問 Edit

基本的に、【乗り移り】によって肉体を替えれば、遊女たちは初回訪問時のお話をしてくれるようになります。

ただし例外もあり、「遊郭」の二階でくつろいでいる家臣「清助」への【乗り移り】に関しては、遊女たちが三回目の訪問時のお話をするようになりました。

つまり、家臣「清助」は、もう三度「遊郭」を訪問しているということになります。


なお、家臣「清助」の肉体で「夕霧」と「さくら」に話しかけると――

夕霧

由美さんの部屋、行かなかったんですか? 珍しいですね、そんな方……

さくら

おじちゃん、由美さんの部屋に行ったの?

あれ? 行ってないの? どうして?

――と言われます。


しかし部屋に行くも何も、家臣「清助」は――

私はよくここに来ているのだが……

一番人気の花魁とやらにはなかなか会えんな。

Cited from 妖刀伝

――とこぼしていることから、未だ、由美さんから部屋に呼ばれたことはないと思われます……。


家臣「清助」は、真鹿城家臣の立場を笠に着ているのか、やや態度がでかいです。そういうところが、花魁「由美」さんから信用されないのかもしれません。

なお、愉快なのは――

  • 清助」以外の肉体で計三回の「遊郭」訪問を行い、由美さんに「奥の間」の扉を開けてもらったあとで、「清助」に対して「乗り移る」を行う

――というもの。

大きく開かれた「奥の間」の扉が見える位置まで清助を誘い出して、清助の肉体に乗り移ったその瞬間、奥の間の扉はピッタリと閉じられ、しっかりと施錠までされています。 由美さんは、よっぽど清助を「奥の間」に招きたくないようです。

かげろう -- 2016-09-13 (火) 23:53:27

愉快ですね! ・・・ちょっとバグ入ってるっぽいので見直しておきます。

Fuga -- 2016-09-14 (水) 18:13:37

お願いします!

――というところで、今日の実績集めを終わります。


今日は、遊女「紫」さんの身請け話に乗り、実績お前が欲しい」を取得!

2016-08
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
2016-09
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

Amazon.co.jpアソシエイト